新iPhoneSE(第2世代)が発表!旧iPhoneSE・iPhone7ユーザーにオススメです。

iPhoneSE2の外観

2020年4月16日、ついに新iPhoneSE(第2世代)が発表されました。外観は、iPhone8(4.7インチ)を踏襲しており、ホームボタンあり(TouchID)で、値段は44,800円(税別)~です。買いやすい価格になっているので、旧iPhoneSE/iPhone7ユーザーは買い換えの検討ができそうです。それでは、詳しく見ていきましょう。

乗り換えオススメなユーザーはiPhone7以前

Apple公式動画を見ながら、乗り換えオススメなユーザーを考えてみました。

まず、動画の主要なメッセージは、以下の3点だと感じました。

  • カラー3色押し(黒・白・赤)
  • コンパクトなのにパワフル(A13 Bionic)
  • 買いやすいお手頃価格

あと、細かいPRポイントは、以下の通りです。

  • ポートレートモードも使える
  • 防水
  • バッテリーは長持ち

全体を通して、最新のiPhoneから見ると、目新しさはないので、iPhone7以前のユーザーの乗り換えを促しているように感じます。なので、iPhone7や旧iPhoneSEを使っている方は検討の価値ありですね。

ここからは、iPhone7・旧iPhoneSEと比較しながら、各項目を見ていきたいと思います。

外観(大きさ・重さ)はiPhone8そっくり

ディスプレイは4.7インチで、大きさ・重量(148g)はiPhone8と同じです。

  • iPhone7(138g)より10g重い
  • 旧iPhoneSEより一回り大きい35g重い

iPhone7ユーザーは、画面サイズ(4.7インチ)が変わらないので抵抗がないですが、旧iPhoneSEユーザーにとっては大きな変化ですね。

 

iPhone8とiPhone SE(第2世代)の比較(iPhone SE – アップグレードする理由 – Appleより)

ホームボタンあり(Touch ID)

旧iPhoneSE/iPhone7ユーザーは、ホームボタンに慣れているでしょう。その点、新iPhoneSEにはホームボタンが付いていて、Touch IDが使えるので、安心です。

iPhone11と比較されている方は、FaceIDも気になるでしょう。FaceIDは認証をしている事を忘れるぐらいスムーズに認証できるので、私はFaceID派です。
ただ、(花粉のこの季節は)マスクを使っていると、FaceIDは不便です。いちいちマスクを外す必要があります。

その点、TouchIDはマスクも関係ないので、人気があるようです。ただ、水濡れした手に弱いのが難点ですね。

チップが最新(A13 Bionic)

A13 Bionicチップが搭載されているので、iPhone11と同等の性能があります。長く使うことができそうです。これは嬉しいですね。

バッテリーはiPhone8並、ワイヤレス充電対応

バッテリーはiPhone8と同じぐらい持つようです。

ワイヤレス充電に対応するので、旧iPhoneSE/iPhone7ユーザーにとっては嬉しいですね。充電パッドの購入も合わせて、検討してみましょう。

カメラ性能もiPhone8並か

カメラは、スペック表を見る限りでは、iPhone8/iPhoneXRと同じぐらいの性能があるように見えます。

  • (旧iPhoneSEと比べると)カメラに光学式手ぶれ補正ポートレートモードが付いた
  • (iPhone7と比べると)ポートレートモードが付いた

また、フロントカメラは、旧iPhoneSEは120万画素でしたが、新iPhoneSEは700万画素と大幅に良くなっています。ビデオ会議などが増えている人に嬉しいですね。

デザインは黒・白・赤

カラーは、黒・白・赤です。

iPhoneSE(第2世代)のカラーバリエーション(Apple公式サイトより)

白も良さげなのですが、表は黒なので、黒・赤の方が(個人的には)好きですね。この辺りは、好み次第だと思います。

その他

FeliCa対応

旧iPhoneSEと比べると、FeliCa対応も嬉しいです。Apple Payは慣れると、コンビニの支払いや電車に乗るときにSuiCaが使えるので、とても便利です。

Touch ID(指紋認証 )第2世代に

あと、Touch ID(指紋認証)も第2世代なので、旧iPhoneSE(Touch ID第1世代)より改善され、少し早くなっています。iPhone7はすでに第2世代でしたね。

 

以上が、新iPhoneSE(第2世代)のご紹介でした。気になる点に絞ってご紹介してみました。参考になればうれしいです。