パワーポイントはどれを購入するべきですか?PowerPoint2019発売

購入するパワーポイント

MEMO
PowerPoint 2019は、2019年1月22日に発売されました。

パワーポイントを購入するなら、PowerPoint 2019とOffice 365 Soloがあります。ちなみに、PowerPoint 2016は販売を終了しています。

PowerPoint 2019がオススメですが、Windows10のみ対応です。(Windows7ユーザーなど)Windows8.1以前のユーザーは、Office 365 Soloを購入しましょう。

Powerpointの主な購入方法は、以下の3つです。

Powerpointのパッケージまとめ
PowerPoint 2019Office Home & Business 2019Office 365 Solo
更新永続ライセンス
(買い切り版)
永続ライセンス
(買い切り版)
年間契約・月間契約
(サブスクリプション版)
値段16,284円38,284円12,984円(年間契約)
アプリPowerPointのみWord
Excel
PowerPoint
Outlook
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
Publisher
Access
台数2台まで
Windows10/Mac
2台まで
Windows10/Mac
インストール数 無制限
(同時利用5台まで)
Windows/Mac
備考サポートが2025年10月14日までサポートが2025年10月14日まで常に最新版が使える
Windows7 / Windows8.1に対応

PowerPoint 2019

PowerPoint 2019は、買い切り版のパワーポイントです。パワーポイントのみ使うのなら、この単品版を買う方が断然お得です。

(Windows7など)Windows8.1以前の方には、PowerPoint 2016を紹介していましたが、2019年2月下旬に売り切れになりました。

Office Home & Business 2019

Word/Excel/Outlook/PowerPointを使う方で、買い切り版ならこちらです。

【販売終了】Office Home & Business 2016

(Windows7など)Windows8.1以前をお使いの方には、Office Home & Business 2016がオススメしていました。しかし、ついに売り切れになりました。ちなみにAmazonでは、2019年11月03日まで販売されていました。

Office 365 Solo

Office 365 Soloは、マイクロソフトOfficeのサブスクリプション型のサービスです。年間1万3千円程度を支払うことで、常にOfficeアプリケーションの最新版を使うことができます。

パワーポイント(PowerPoint)のみなら、もったいないですが、他のWord/Excel/Accessなどの利用も考えている人にはオススメです。また、3台以上のパソコンでお使いになる場合もオススメです。

また、Office 365 Soloは、Windows7 や Windows8.1ユーザーでも使う事ができます。

Microsoft Office 365 Solo (最新 1年版)|Win/Mac/iPad
マイクロソフト
12,984円(Microsoft公式ストア 参考価格)
参考 Microsoft Office 全製品の比較Microsoft Office

(Macユーザー向け)PowerPoint(Microsoft Office)情報

Office Home & Student 2019 for Mac(Word / Excel / PowerPoint)

Mac専用で、Outlookが無しのパッケージになっています。Outlook不要で、Office製品を使いたい方にはオススメのパッケージです。Studentと入っていますが、一般の方も購入可能です。

(学生・教職員向け)PowerPoint(Microsoft Office)情報

学生・教職員の方は、商用利用はできませんが、安くPowerPointを使える場合があります。詳しくは以下の記事をご確認ください。

学生・教職員向けMicrosoft Office情報

すぐに、PowerPointの入ったMicrosoft Office製品をお探しの方は、以下から探してみましょう。

(Windows)Office Professional Academic 2019(Word / Excel / PowerPoint / Outlook / Publisher / Access)

Windows専用で、PowerPointも使うことができ、「Word / Excel / PowerPoint / Outlook / Publisher / Access」が使えます。

Prime Studentなら、表示価格から52%オフになります。
60,907円(52%オフ) 29,235円 (2020/01/28現在)

(Mac)Office Academic 2019 for Mac(Word / Excel / PowerPoint / Outlook)

Mac専用で、PowerPointも入っており、「Word / Excel / PowerPoint / Outlook」が使えます。

Prime Studentなら、表示価格から52%オフになります。
35,444円(52%オフ) 17,013円 (2020/01/28現在)

パワーポイントの価格比較(5年間にかかる費用)

(買い切り版のサポート期限である)2025年までの5年間の価格比較です。

パワーポイントのみ使うなら断然PowerPoint 2019単体で購入するのが安いので、おススメです。

powerpoint 5年間にかかる費用
PowerPointを含むOffice製品価格(5年分)
PowerPoint 201916,284円
Office Home & Business 201938,284円
Office 365 Solo(年間12,984円)64,920円
Office Home & Student 2019 for Mac26,184円
(Windows)Office Professional Academic 201929,235円
Office Academic 2019 for Mac17,013円

POSAカード版 / ダウンロード版の違いについて

すぐに使いたい方はダウンロード版、郵送で手に入れたい方はPOSAカード版を選ぶと良いでしょう。カードの有無の違いのみで、大きな違いはありません。いずれの場合もインターネットでソフトウェアのダウンロードが必要です。

なお、Amazonの場合は、パッケージ版と表記がありますが、POSA版の事ですね。詳しくは、こちらの記事をご覧下さい。

Office製品のPOSA カード版 / ダウンロード版 / パッケージ版は何が違うの?

参考情報

Windows7ユーザーはWindows10にアップデートしてPowerPoint2019がオススメ

Windows7ユーザーで購入をお考えなら、Windows10にアップデートして、PowerPoint2019がオススメです。Windows7のサポート期限は、2020年1月14日まででした。

Windows10はどれを購入するべきですか?【HomeとProの選び方】

Microsoft Office 2019・Office 365の関連情報

Microsoft Office 2019・Office 365を検討している方は、こちらの記事も合わせてご覧下さい。

Microsoft Office・Office365はどれを購入するべきか?できれば無料で。

パワーポイントを無料で使える、PowerPoint Onlineの記事はこちらです。

パワーポイントを無料で使えるPowerPoint Online 無料のOffice Online使い方まとめ、できない事を確認してみよう。

以上、パワーポイントを購入する方法のご紹介でした!

参考リンク

参考 2019 年 1 月 22 日(日本時間)より、家庭向け Microsoft Office 2019 の販売を開始します!Windows Blog for Japan