【徹底レビュー】Chromecast with Google TV 使い勝手はどうですか?

Chromecast with Google TV記事

お客さま

「Chromecast with Google TV」を使ってみたいです。使い勝手はどうですか?
「Chromecast with Google TV」 はテレビのHDMI端子に接続するだけで簡単に使うことができ、YoutubeやNetflixを見るのにとても便利です。リモコンもあるので操作しやすく、Youtubeもサクッと検索できるのでオススメです。

近藤雄一

「Chromecast with Google TV」の概要

「Chromecast with Google TV」は、テレビのHDMI端子に差し込むだけで使うことができ、YoutubeやNetflixを気軽に見ることができます。

Chromecast with Google TVの箱

Chromecast with Google TVの中身

Chromecast with Google TVの電源

「Chromecast with Google TV」の開封

MEMO
Amazonで「Chromecast with Google TV」を検索してみましたが、2021/02/24現在では取扱がありませんでした。

「Chromecast with Google TV」本体は、以下のような特徴があります

  • 4K 60fps
  • 電源はUSB Type-C
  • Wi-Fi 802.11ac(2.4 GHz / 5 GHz)/ Bluetooth
  • Android TV OS

付属リモコンの特徴は次のとおりです。

  • 内蔵マイク
  • 単4電池2本
  • 赤外線
  • Bluetooth
  • 加速度計

HDMIケーブルはテレビに差し込み、スマホのGoogleホームアプリで設定しました。ちなみに、スマホなしで設定する事も可能なようです。Wifiパスワードの入力などを考えると、スマホ設定がオススメです。

参考 Chromecast with Google TV と音声リモコンをセットアップするChromecast ヘルプ

ノーマルChromecastとの違い

ノーマルChromecastとの違いをまとめると、以下のとおりです。

  • メニュー画面がある(GoogleTV)
  • リモコンが付属(Google アシスタント対応)
  • 4K対応(ChromecastはフルHD)
  • スマートホーム デバイスを操作できる

大きな違いは、上2つの「メニュー画面」「リモコン付属」です。

ホーム画面

「Chromecast with Google TV」のホーム画面

1点目は、テレビ画面上にメニュー画面を出せることで、Chromecastの操作性がぐんと高まりました。特に家族みんなで動画を探す際は、スマホで探すよりも格段に便利になりました。テレビの大画面で操作できるのは良いですね。

この点は、Firetv stickでもできた事に近いので、一瞬Firetv stickを使っているような感覚になりました笑

リモコン表

リモコン横

2点目は、リモコン付属されたことで、Youtube・Netflixを一発で呼び出すことができ、テレビのリモコンなしで操作できるので、便利です。

テレビの電源もつけることができます。また、「テレビ」と「Chromecast with Google TV」を入力切替えせずに、テレビを見たい時はいきなり(テレビのリモコンで)チャンネルを直接押せば良いですし、Youtubeを見たい時は「Youtubeボタン」「Googleアシスタントボタン」を押せばOKです。

以上のの2点が、ノーマルChromecastとの違いで、便利になっている所ですね。

「Chromecast with Google TV」の使ってみた感想

これまでFiretv stickやChromecastも便利で使ってきました。Firetv stickは、リモコンが付いていて便利なので、プライムビデオやNetflixの動画を選ぶのに使っていました。また、Chromecastは、スマホでYoutube動画を選び、キャストすることで利用してきました。

一方、「Chromecast with Google TV」は、Youtube・Netflixを中心とした画面・リモコン設計で、とても使いやすいデバイスです。

リモコン操作でサクサク動く(快適)

過去にテレビに付属している機能で、Youtube・Netflixボタンがあり、便利かと思いきや、動きがモッサリで残念だったことがあります。

一方で、「Chromecast with Google TV」は、(firetv stickのような)画面・リモコンの操作性でサクサク動きますし、とても快適です。テレビが一気にスマートデバイスになり、グレードアップする感じです。

キャスト機能は使用減(でもたまに使う)

これまでもChromecastは使っていて、スマホのYoutubeで検索し、Chromecastに飛ばして見ていました。検索もスマホなら簡単だし、便利だと思っていました。

今回、新たにリモコンが卓上に置かれたことで、使い方が一気に変わりました。音声入力で、サッと検索することができるので、(リモコン経由で)Youtubeを検索する頻度が増えたのです。

リモコンの音声入力が便利なので、主にYoutubeで使っていたChromecastのキャスト機能は、使用する頻度が大幅に減りました。

減りはしましたが、スマホで動画を見つけたときに、そのままキャストできるのはやっぱり便利です。キャスト機能+リモコンを使えるのが、「Chromecast with Google TV」の強みですね。

音声入力でサクッと検索できる

「Chromecast with Google TV」のGoogleアシスタントボタンを押しながら、音声入力する事ができます。

今や音声入力は、精度がとても良いので、ほぼ間違いなく探してくれます。ストレスは感じません。

音声入力中の画面音声入力している例

ちなみに、リモコンのソフトウェアキーボードで検索することもできますが、検索する気にもなりません笑 IDやパスワードを入力する時のみ使いました。

ソフトウェアキーボード入力画面

ソフトウェアキーボード入力画面例

Googleアシスタントが便利

「Google アシスタント」を使えば、「Google Home」スマートスピーカーのように、分からないことを教えてくれます。

「Google アシスタント」ボタンを押しながら、質問してみます。例えば、12月末には、「年末ジャンボ宝くじの販売期間」と聞いてみました。

宝くじの販売期間を調べる

「Chromecast with Google TV」のGoogleアシスタントの表示例

どうやらGoogleの強調スニペットの情報を出してくれているようです。

Google検索結果の例

Google検索の強調スニペット

動画を音声入力で検索する「◯◯の動画」

Googleアシスタントは便利なのですが、たまにうまく検索できないことがあります。

例えば、東京タワーの動画を見たいなあと思って、「東京タワー」と固有名詞で検索してみます。表示結果は、小さなGoogleマップとWikipedia解説でした。

東京タワーを調べる

東京タワーの表示例

そのため、動画を探したい際は、「◯◯の動画」と言えば、すぐにYoutubeが再生されて便利です。

例えば、「薄焼き卵」を作りたいと思った際は、「薄焼き卵の作り方の動画」と言えば、次々に動画を再生してくれます。

薄焼き卵の作り方

「薄焼き卵の作り方の動画」と検索

このように「Googleアシスタント」の検索のコツさえつかめば、とても便利に使えそうですね。

横断検索は不便かも

例えば、Googleアシスタントの音声入力で「アクション映画を探して」と検索すると、様々なサービスから横断検索してくれます。これは便利ではあるのですが、有料サービスに加入していない動画も表示されてしまうので、見ることのできないもどかしさを感じました。

あと、「孤独のグルメ」と検索すると、Netflixに加入しているのでたくさん見られる状態だけど、Youtubeの「孤独のグルメ」の公式動画が出てくることもあります。Youtubeでも一部が見られるようになっているのですが、本当はNetflixで探したかったわけです。

以上のことから、映画を見たい時はNetflixアプリ内から探す、動画を見たい時はYoutubeアプリから探すようにしています。

音量ボタンは便利(横配置なのが残念)

表面にミュートボタンがありますが、あまり使いません。また、音量ボタンが横にあるので少し使いづらいです。そのため、音量ボタンが表面に欲しかったなあと感じました。

とはいえ、音量変えられるのはとてもありがたいです。特に動画によって音量が変わることもあるので、とても助かっています。

広告は付くけど、ひどい広告なし

最近、Youtubeの広告は品質が低下しているように感じますが、「Chromecast with Google TV」で表示される広告が品質が良いです。イメージとしては、テレビCMで流れているような品質の広告が流れます。

おそらく家族みんなで見ることを想定し、スマホやPCとは違う基準で広告が表示されているのでしょう。

MEMO
Amazonで「Chromecast with Google TV」を検索してみましたが、2021/02/24現在では取扱がありませんでした。

以上が、「Chromecast with Google TV」を使ってみたレビューでした。少しでも参考になれば嬉しいです、ご覧いただきありがとうございました。