Wixでホームページ作成した時に必ず設定しておきたい3つの事

Wixは気軽にホームページが作成できるので便利ですよね。何回作成していても忘れやすい設定が3つあるのでご紹介します。

SEO設定

まず一つ目はSEO設定です。SEOとは、Googleなどの検索エンジン最適化の事を言います。Wixではページタイトルと説明文などを設定できますが、この設定を忘れがちです。

1…ページタイトル
2…ページの説明文

設定方法

  • STEP.1
    SEO&SNSをクリック
    サイトメニューから該当ページの「SEO&SNS」をクリックします。

  • STEP.2
    タイトルや説明文を書く
    ページタイトルやページの説明とページ名を書きましょう。

これで設定は完了です。簡単ですが、忘れやすいのできっちり設定しておきましょう。

スマホページ設定

2つ目は、スマホページの設定です。パソコン版の画面でどんどんページを作成していくと思いますが、スマホ版のデザインを忘れがちです。

Wixもそれなりに解釈してページを表示してくれますが、表示順などが間違っている場合があります。

この表示順を直していきましょう。

設定方法

一番上にある「モバイルエディタに切り替え」をクリックしましょう。

モバイル版の画面になりますので、ドラッグ&ドロップで位置を修正しましょう。

表示順の変更や、スマホのみ非表示のような設定も可能です。CSSでできる範囲の事はこの画面から設定できるイメージですね。

Google Search Console設定

Google Search Consoleは、Google検索から検索された数や検索キーワードなどが分かるツールです。無料で利用できるので、こちらも設定しておきたいですね。

Google Search Consoleのトップ画面では、ウェブ検索合計クリック数のグラフが確認できます。

「検索パフォーマンス」では、検索されたキーワードも確認できるので、これからのサイト運営に欠かせない情報となります。

設定方法

Google Search Consoleの設定を進めていくと、ウェブサイトの持ち主本人かどうかの確認が行われます。Wixの場合は、HTMLタグに指定のコードを埋め込むことで確認ができます。

Google Search Consoleの設定画面(一部)

Wix側の設定場所が分かりにくいのですが、管理メニューの中の「SEO」をクリックします。SEOの詳細設定に、ヘッダーコードという箇所があります。

「エディタから追加するにはこちら」をクリックすると、入力欄が表れます。こちらにGoogleサーチコンソールで指定されたHTMLタグを貼り付けます。

Google Search Consoleの設定画面に戻り、進めていくと所有権の確認ができます。設定してから数日で、Google Search Consoleを利用できるようになるでしょう。

なお、Google Analyticsは、Wixでは有料プランのみ利用可能です。アクセス数だけを知りたいのであれば、無料のAppもありますので、そちらを利用しましょう。

まとめ

以上が、Wixでホームページ作成した時に忘れやすい設定3つのことでした。SEO設定やGoogleサーチコンソールは設定しなくても使えますが、ユーザービリティ的にも設定しておくのいいですね。