一太郎2022はどれを購入するべきか?各パッケージの選び方を徹底解説!

お客さま

一太郎2022を購入したいのですが、プラチナやバージョンアップ版など、どれを購入すればいいですか?
「一太郎2022」と「一太郎2022プラチナ」の2つのラインナップから一太郎に必要な機能を確認して、その後にお客様が対象となる安くなるバージョン(バージョンアップ版や特別優待版など)を選んで購入しましょう。

近藤雄一

一太郎2022まとめ

一太郎は、ジャストシステムが販売する日本語ワープロソフトです。Windows登場前のワープロソフトと言えば、一太郎でした。現在は、マイクロソフトのWordが定番ですが、今でも一部の官公庁や教育現場などで使われています。

一太郎2022には、以下の2つのラインナップがあります。

  • 一太郎2022
  • 一太郎2022プラチナ

一太郎2022・一太郎2022プラチナの比較表

一太郎2022、一太郎2022プラチナ、過去の一太郎2021プラチナ・一太郎2020プラチナを比べた表を作りましたので、ご覧ください。

一太郎2022一太郎2022
プラチナ
一太郎2021
プラチナ
一太郎2020
プラチナ
参考価格(税込)
(特別優待版)
11,880円35,200円33,110円33,110円
文章作成
(一太郎)
一太郎2022一太郎2022一太郎2021一太郎2020
日本語変換
ATOK
ATOK Passport
[プレミアム]1年
ATOK Passport
[プレミアム]1年
ATOK for Windows
一太郎2021 Limited
ATOK for Windows
一太郎2020 Limited
ATOK用辞典デジタル大辞泉 for ATOK新明解国語辞典 for ATOK
新明解類語辞典 for ATOK
大辞林4.0
for ATOK
音声読み上げ
(詠太)
詠太12詠太11詠太10
グラフィック
(花子)
花子2022花子2021花子2020
メール
(Shuriken)
Shuriken 2018
PDF作成・編集
(JUST PDF)
JUST PDF 5JUST PDF 4JUST PDF 4
表計算
(JUST Calc)
JUST Calc 4 /R.2JUST Calc 4 /R.2JUST Calc 4 /R.2
プレゼンテーション
(JUST Focus)
JUST Focus 4 /R.2JUST Focus 4 /R.2JUST Focus 4 /R.2

一太郎2022の一番大きな変化は、買い切り版ATOKが無くなったことです。一太郎2022に付属するATOK(エイトック)は、サブスクのATOK Passport[プレミアム]1年となりました。1年分のみなので、2年目からは有料になります。

「一太郎2022プラチナ」は、「表計算ソフト(JUST Calc 4)」「プレゼンテーションソフト(JUST Focus 4)」が使えるのが特徴です。ExcelやPowerPointに相当する機能ですね。

一太郎2022プラチナと一太郎2021プラチナの比較

  • 「一太郎」「詠太」「花子」「JUST PDF」のバージョンアップ
  • 「JUST Calc 4 /R.2」「 JUST Focus 4 /R.2 」は更新なし
  • メールソフトShuriken無し
  • 搭載辞書が「新明解国語辞典・新明解類語辞典」から「デジタル大辞泉」になった

「一太郎」「ATOK」「詠太」「花子」「JUST PDF」は、バージョンアップされており、正当な進化をしています。一方で、表計算ソフト「JUST Calc 4 /R.2」、プレゼンテーションソフト「 JUST Focus 4 /R.2 」は変更がありません。

なお、2020年までプラチナに搭載されていた「メールソフトShuriken」が非搭載となっています。Shuriken2018単体の発売(ダウンロード版 3850円)はされていましたが、2022年2月9日(水)個人向けは販売終了となりました。

また、搭載辞書は毎年変更されますが、一太郎2021プラチナでは「デジタル大辞泉」が搭載されています。

ATOK Passportについて

ATOKは、エイトックと読みます。ATOKは、日本で人気のある日本語入力ソフトです。

そして、ATOK Passportは、Windows・Mac・Android・iOS(プレミアムのみ)で使えるATOKのサブスクサービスです。常に最新のATOKを使うことができ、10台まで利用することができます。

一太郎2022に付属するのは、上位プランのプレミアムで、年間プラン7,920円相当となります。

年間プラン月間プラン
ATOK Passportプレミアム7,920円660円
ATOK Passportベーシック330円

ATOK Passportプレミアムの特徴は、iOSでも使えること、クラウド機能(クラウド文書校正やクラウド辞典etc)が使えることです。また、Android版もProfessional版で、AI機能学習した賢い推測変換を利用することができます。

普段からATOKをよく使う方・複数台のPC・スマホでATOKを使う方であれば、便利なサービスと言えますね。

ATOKはまず1年使ってみる。2年目以降はどうするべきか?

一方で、1台のパソコンのみ・たまにしか文章作成しない人にとっては、買い切り版ATOKが付属されなくなったことは悲報ですね・・

ちなみに2017年までは、(単体の)ATOK2017の販売がありました。2008年9月〜ATOK定額制サービスが開始され、サブスクの流れになってきたわけですね。

一太郎2022を購入するなら、まず1年のみATOK Passportを使ってみて、次の選択肢を取ることになるでしょう。

  • ATOK Passportを更新する
  • Google日本語入力(無料)を使う
  • 過去の(買い切り版)ATOKを使う

(ATOK以外で)人気がある日本語入力ソフトは、無料で使えるGoogle日本語入力です。予測変換も優秀なので、一度使ってみると良いでしょう。

過去の(買い切り版)ATOKを使う方法もありそうですが、一太郎2022と併用できるのか確認する必要があるでしょう。また、サポート終了日は以下の通りです。ただ、セキュリティアップデートも同じ期限なのか、別途確認が必要ですね。

一太郎のサポート終了日
製品名サポート終了日
一太郎20212024.02.05
一太郎20202023.02.07
一太郎20192022.02.08

また、(買い切り版)ATOKを持っていない方は、あえて一太郎2021を買うという選択肢もありますね。ただ、公式ショップも2022/02/09で販売終了しており、手に入れるのは難しいかもしれません。

新元号は、一太郎2017以降で対応している

一太郎の新元号対応は、一太郎2017以降のバージョンとなっており、一太郎2016以前はバージョンアップを検討するのが良さそうです。

【新元号へ対応する製品】
一太郎2019
一太郎2018
一太郎2017

【新元号へ未対応の製品】
上記製品以外の旧バージョンでは、新元号への対応は対象外となります。恐れ入りますが、この機会にあわせてバージョンアップをご検討ください。

(参考)[057340]2019年 新元号への対応について (一太郎:個人のお客様向け製品)

一太郎プレミアムバージョンが無くなった

一太郎2019までは、3つのバージョンがあり、「通常版」「プレミアム」「スーパープレミアム」というバージョンでした。

一太郎2022と一太郎2019の構成の違いを見てみると、「一太郎2022プラチナ」が「一太郎2019スーパープレミアム」に相当するようです。つまり、「プレミアム」が無くなった感じですね。

参考までに、一太郎2019プレミアムは、「一太郎」「ATOK」に加えて、

  • 音声読み上げソフト(詠太)
  • グラフィックソフト(花子)
  • メールソフト(Shuriken)
  • PDF作成・編集ソフト(JUST PDF)

がセットになったパッケージでした。表計算ソフト「JUST Calc」プレゼンテーションソフト「JUST Focus」が含まれていないのが特長でした。

それでは、さらに詳しく見ていきましょう。

一太郎2022の価格・パッケージまとめ

一太郎2022の価格を表にまとめてみました。(公式ショップの)一太郎2022の値段は、パッケージ版とダウンロード版が同じ値段に設定されています。

また、一太郎2022は、(一太郎2021と比べると)1000円〜5000円程度の値上げとなっています。

一太郎2022のパッケージ価格(税込)
パッケージ名一太郎2022一太郎2021一太郎2022
プラチナ
一太郎2021
プラチナ
通常版23,100円20,900円42,900円40,370円
通常版
(ダウンロード版)
23,100円17,600円42,900円37,400円
特別優待版11,880円10,230円35,200円33,110円
特別優待版
(ダウンロード版)
11,880円8,140円35,200円30,800円
バージョンアップ版9,900円8,800円31,900円30,800円
バージョンアップ版
(ダウンロード版)
9,900円6,600円31,900円28,600円
バージョンアップ版(USBメディア)12,100円11,000円34,100円33,000円
アカデミック版9,900円8,800円31,900円30,800円
アカデミック版
(ダウンロード版)
9,900円6,600円31,900円28,600円

一太郎2022を安い順に、並べてみました。

  1. バージョンアップ版、アカデミック版
  2. 特別優待版
  3. 通常版

4つのバージョン(版)は、製品構成はすべて同じですが、購入できる対象ユーザーが違います。安い順に、対象ユーザーか確認していきましょう。

一太郎2022 バージョンアップ版

すでに一太郎を持っている方や、JUST Suiteを持っている方が対象です。古いバージョンでも購入対象になります。

バージョンアップ版の購入対象について

「一太郎2022 プラチナ [ATOK 40周年記念版] 」「一太郎2022 [ATOK 40周年記念版] 」のバージョンアップ対象は以下製品をお持ちでユーザー登録されている方となります。

※以下に記載がある製品であれば、古いバージョンでも購入の対象となります。

一太郎、JUST Suite、一太郎&花子スペシャルパック、Justsystem Office、一太郎Office、Voice一太郎、ATOK 2015~2017 for Windows(各Win&Mac含む/for Macは除く)

[049334]バージョンアップ版の購入対象について

バージョンアップ対象でないジャストシステム製品(例:ATOK単体など)を使っている方は、特別優待版を検討するのがいいですね。

また、「バージョンアップ版のインストール」時には、「User ID」が必要になります。そのため、事前にユーザー登録をしておく必要があるようです。事前に確認しておきましょう。

※バージョンアップ版については、User IDがないとインストールを進めることができません。お持ちの製品のユーザー登録がお済みでない場合は、必ずユーザー登録をおこない、User IDを取得してください。

(参考)[045615]バージョンアップ版、優待版を店頭で購入する際に対象製品の登録証明などを持参する必要があるか

パッケージ版

一太郎2022 アカデミック版

アカデミック版は、学校の先生(教職員)や学生(中学生以上)の方を対象とした製品です。バージョンアップ版と同じ価格設定になっています。

購入の際は、学生証や身分証の提示が必要になります。

詳しくは、こちらのサポートFAQをご確認ください。

参考 アカデミック版の購入対象についてJustSystems

パッケージ版

ダウンロード版

一太郎2022 特別優待版

ジャストシステム製品を持っている方や、Word等のMicrosoft Office製品を持っている方が対象です。例えば、ATOKのみ持っている方なども該当しますね。

「ジャストシステム製品を持っている」場合のインストール時に、「User ID」が必要になります。事前に確認しておきましょう。

※なお、以下の場合は、インストールの際にシリアルナンバーに加えて、User IDの入力が必須となります。

  • 特別優待版で「ジャストシステム製品を持っている」場合のインストール時

(参考)[051400]通常版とバージョンアップ版、特別優待版、アカデミック版で製品内容に違いはあるのか

詳しくは、こちらのサポートFAQをご覧ください。

参考 特別優待版の購入対象についてJustSystems

パッケージ版

ダウンロード版

特別優待版インストール画面の例(Microsoft Office製品を持っている場合)

参考までに、こちらが一太郎2019 特別優待版のインストール画面です。インストール途中に、Microsoft Officeの対象製品を選ぶ画面が表示されます。

ちなみに、ジャストシステム製品を持っている場合は、前の画面に戻って、User IDを入力する必要があります。

Wordもしくは、該当のMicrosoft Office製品を選択して、インストールを進めましょう。

一太郎2022 通常版

「特別優待版」「バージョンアップ版」「アカデミック版」のいずれにも該当しなかった場合は、「通常版」を選びましょう。

パッケージ版

ダウンロード版

一太郎2021 特別優待版

ATOK買い切り版が欲しい方は、一太郎2021も探してみましょう。販売終了しているかもですが・・・

パッケージ版

ダウンロード版

一太郎購入の参考情報

Microsoft Officeと一太郎2022の料金比較

圧倒的にシェアが高いMicrosoft Officeとの料金比較も確認しておきたいですね。ここでは、Microsoft製品を持っている前提で、特別優待版で比較をしています。

文章作成ソフトの価格比較(税込)
Word単体16,284円
一太郎2022(特別優待版)11,880円
Office製品の価格比較(税込)
Office Home & Business 2021
(Word/Excel/Powerpoint/Outlook)
38,284円
一太郎2022プラチナ(特別優待版)35,200円

一太郎は、Microsoft Office製品よりも少し安くなっているようです。このあたりは、かなり意識した価格設定になっていますね。

Microsoft Office製品については、以下の記事をご覧ください。

【Office2021発売】Microsoft Office・Word・Excelはどれを購入するべきか?できれば無料で。

一太郎発売日は毎年2月です

一太郎は、毎年2月頃発売されています。年末年始ぐらいで、急がない方は、次バージョンの発売を待つのもありですね。

一太郎の発売日(2017年~2022年)
一太郎20222022年2月10日(木)
一太郎20212021年2月5日(金)
一太郎20202020年2月7日(金)
一太郎20192019年2月8日(金)
一太郎20182018年2月9日(金)
一太郎20172017年2月3日(金)

一太郎は3台までインストール可能

一太郎や一太郎プラチナは、同時に利用しないことを条件に、その人だけが使用する端末3台までイントールすることができます。同じユーザーのデスクトップパソコンとノートパソコンに入れておく等ができますね。

複数のパソコンにインストールして使用できるか

以下の製品については、一人のお客様が同時に製品を使用しないという条件の場合、その人だけが使用するコンピューター3台までインストールすることができます。

  • 一太郎2022 プラチナ [ATOK 40周年記念版] *1
  • 一太郎2022 [ATOK 40周年記念版] *1
  • 花子2022
  • JUST PDF 4
  • Shuriken 2018
  • ホームページ・ビルダー22 *2
  • 楽々はがき Max
  • ラベルマイティ17、ラベルマイティ17 プレミアム
  • ラベルマイティ POP in Shop12

[050840]複数のパソコンにインストールして使用できるか

一太郎ビューア2022

一太郎のファイルを受け取った場合、閲覧・印刷のみなら無料の一太郎ビューアが使えます。対応OSは、Windows11 / Windows10 / Windows8.1です。編集が必要ない場合は、一太郎ビューアで十分でしょう。

一太郎ビューア2022は一太郎2022をベースに作成されているため、表示能力は一太郎2022と同等です。

参考 ダウンロード|一太郎ビューアジャストシステム

まとめ

一太郎2022の2つのラインナップのご紹介と、各バージョン(版)のご紹介をしてきました。順に確認し、適切なバージョンをご購入頂ければと思います。

本記事をご覧頂きありがとうございました。

参考情報

参考までに、過去の一太郎の記事はこちらです。

一太郎2021はどれを購入するべきか? 一太郎2020はどれを購入するべきか?価格と各パッケージの選び方を徹底解説! 一太郎2019はどれを購入すればいいですか?【通常版と特別優待版の違いなど】