初心者が釣りをはじめて感じた渓流釣りの楽しみ方(日高川・寒川)

初心者が釣りをはじめて感じた渓流釣りの楽しみ方(日高川・寒川)

友人

渓流釣りって釣れるまで時間がかかるし、大変そう。渓流釣りの楽しい所ってどんな所ですか?
私は、釣り初心者ですが、アマゴの釣れそうな場所・流れを考える、自然を楽しみながら川遊びできる感覚が楽しいです。私の住む寒川(そうがわ)で釣りをはじめてみた感想を書いてみたいと思います。

近藤雄一

渓流釣りの楽しみ方

釣り時間は特別な時間(あっという間の時間)

釣りをしている時は、釣りたい気持ちの高ぶりと、アマゴを釣れそうな場所・流れを考えながら、ここでアタリ(魚が針を加えた瞬間)が来るだろうと考えているので、とても集中しています。そのためか、あっという間に1時間・2時間が過ぎていく感覚です。現代人の大人で、これほど集中する時間があるだろうか、と思い直すほどです笑

一般的に釣りといえば、じっと我慢して待つイメージかもしれませんが、アマゴ釣りは積極的に歩いて、アマゴのいる場所を探すので適度な運動にもなりますね。

帰宅してから、ドッと疲れが出てきて、こんなにも体力を使ったのか、と驚きます。自然のチカラって凄いなあと感じます。

自然を楽める(川のせせらぎを感じる)

(道路から見た)山と川の景色は、普通に散歩するだけでとても気持ちいいなあと感じたのですが、川の中に入ると、もっと自然を感じることができます。透き通った水が気持ちいいほどに流れていき、せせらぎの音がとても心地良いかんじです。アスファルトから見ていた川では味わえない感覚ですね。

釣れない時は、意識的に川全体の景色を見ると、癒やされます。自然からパワーをもらえる感覚です。特に新しい場所を釣行している場合は、新しい自然の景色を楽しむことができますね。

大人でも川遊びできる

寒川(そうがわ)の川を眺めていて、川に入ったら気持ちいいだろうなあと、夏思うことがあります。でも、もう大人になってしまったので、川に入る勇気もありませんw それが、釣りという名目なら川遊びができるのですw

まず、(アマゴのエサとなる)川虫のヒラタを探すので、めくっていきます。いたりいなかったりなので、まさに川の中の宝探しみたいな感覚です。3月は水が冷たく苦行ですが、4月中旬からは気持ちよくなってきました。

釣れた日・釣れない日

釣れた日は、帰宅後に魚をさばく必要もあるし、釣れた!楽しかった!心地よさがあります。一方で、釣れなかった日は、帰り道が長く感じるし、ビク(魚を入れるケース)が空っぽなのが悲しく、疲れだけが残る感覚になります。夕ご飯の準備もしたくありませんw そんな日は、もう釣りに行きたくないと思うのですが、一眠りするとまた釣りたくなるので不思議です。

まとめ

渓流釣りを始めてみての感想をまとめてみました。これから渓流釣りを始める人の参考になれば嬉しいです。