古いOffice2010を使っていますが、新しいOfficeに乗り換えた方がいいですか?

お客さま

古いOffice2010を使っていますが、新しいOfficeに乗り換えた方がいいですか?

Office2010は、まもなくサポート期限終了に

Office2010は、2020年10月13日に、サポート終了となります。セキュリティ更新も含め、すべてのサポートが終了です。

Microsoftでは以下のようにアナウンスしていますね。

Office 2010のサポートライフサイクルは 2020年10月13日に終了します。つまり、この日付を過ぎると、Office 2010 の新しいセキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラム、問い合わせ窓口オプション (無料または有料)、またはオンライン テクニカル コンテンツ更新は提供されなくなります。

また、新しいOffice製品への移行もアナウンスしています。

Office 2010 を使用している場合は、Office 365 に移行するか、サポートされるバージョン の Office (Office 2013、Office 2016、または Office 2019) にアップグレードする 計画をすぐに始めることをお勧めします。

それでは、詳しく見ていきましょう。

Microsoft Officeはサポート終了すると危険です

Microsoft Office製品は、シェアが大きいため、攻撃者のターゲットになりやすいです。そのため、サポートが終了すると危険です。

カスペルスキーの発表した情報では、Microsoft Office製品への攻撃が増えており、70%にものぼるとの事です。これはすごい数字ですね。

2018年第4四半期期には、Microsoft Officeを経由した攻撃の割合は70%を超え、最もよく狙われるプラットフォームとなっています。

(参考)Microsoft Officeの脅威をめぐる状況 | カスペルスキー公式ブログ

Microsoft Officeのサポート期限

Microsoft Officeのサポート期限について確認しておきましょう。

製品名称延長サポートの終了日
Office 20032014年4月9日
Office 20072017年10月10日
Office 20102020年10月13日
Office 20132023年4月11日
Office 20162025年10月14日
Office 20192025年10月14日

赤色は既にサポート終了、黄色はまもなくサポート終了です。

Microsoft製品では、以下の2つのサポートを合わせて、10年のサポート期間があります。

  • 機能追加などが行われる「メインストリームサポート」5年
  • セキュリティアップデートなどが行われる「延長サポート」5年

つまり、後者の「延長サポート」が終了すると、Office製品のセキュリティは更新されなくなるわけです。

MEMO
ちなみにOffice2019は、例外的に、メインストリームサポート5年、延長サポート2年のため、Office2016と同じ延長サポートの終了日となっています。

参考情報

MicrosoftのOffice 2010 のサポート終了については、こちらをご覧ください。

参考 Office 2010 のサポート終了 - Office 365Microsoft Office

Microsoft Office製品の購入については、以下の記事をご覧ください。