Office2010が2020年10月サポート期限切れに。どうすればいいですか?

お客さま

Office2010のサポート期限が2020年10月13日と知りました。どのように対応すれば良いでしょうか?
サポート期限が切れたOffice製品はセキュリティ更新がされないため、大変危険です。今後もMicrosoft Officeが必要な場合は、Office2019もしくはMicrosoft365 Personalの購入を検討しましょう。

近藤雄一

Office2010はサポート期限終了(2020年10月13日)

Office2010は、2020年10月13日に、サポート終了となります。セキュリティ更新も含め、すべてのサポートが終了です。

Office2010のサポートがまもなく終了

Office2010のサポートがまもなく終了(公式サイトより)

Microsoftでは以下のようにアナウンスしていますね。2020年10月13日(火)以降は、「セキュリティ更新プログラムは提供されなくなる」、この点が一番大きいでしょう。

Office 2010のサポートライフサイクルは 2020年10月13日に終了します。つまり、この日付を過ぎると、Office 2010 の新しいセキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の更新プログラム、問い合わせ窓口オプション (無料または有料)、またはオンライン テクニカル コンテンツ更新は提供されなくなります。

また、新しいOffice製品への移行もアナウンスしています。買い切り版が欲しい方はOffice2019を、サブスクリプション版が欲しい方はMicrosoft365 Personal(旧Office365 solo)を検討しましょう。

Office 2010 を使用している場合は、Office 365 に移行するか、サポートされるバージョン の Office (Office 2013、Office 2016、または Office 2019) にアップグレードする 計画をすぐに始めることをお勧めします。

それでは、詳しく見ていきましょう。

Microsoft Officeはサポート終了すると危険です

Microsoft Office製品は、シェアが大きいため、攻撃者のターゲットになりやすいです。そのため、サポートが終了すると危険なわけですね。

カスペルスキーの発表した情報では、Microsoft Office製品への攻撃が増えており、全体の70%にものぼるとの事です。これはすごい数字ですね。

2018年第4四半期期には、Microsoft Officeを経由した攻撃の割合は70%を超え、最もよく狙われるプラットフォームとなっています。

(参考)Microsoft Officeの脅威をめぐる状況 | カスペルスキー公式ブログ

Microsoft Officeのサポート期限一覧

Microsoft Officeのサポート期限について確認しておきましょう。

製品名称延長サポートの終了日
Office 20032014年4月9日
Office 20072017年10月10日
Office 20102020年10月13日
Office 20132023年4月11日
Office 20162025年10月14日
Office 20192025年10月14日

赤色は既にサポート終了、黄色はまもなくサポート終了です。

Microsoft製品では、以下の2つのサポートを合わせて、10年のサポート期間があります。

  • 機能追加などが行われる「メインストリームサポート」5年
  • セキュリティアップデートなどが行われる「延長サポート」5年

つまり、後者の「延長サポート」が終了すると、Office製品のセキュリティは更新されなくなるわけです。

MEMO
ちなみにOffice2019は、例外的に、メインストリームサポート5年、延長サポート2年のため、Office2016と同じ延長サポートの終了日となっています。

新しいMicrosoft Office製品を購入する

Microsoft Officeの主な購入方法は、2通りあります。

  • (買い切り版)Office2019を購入する
  • (サブスクリプション版の)Microsoft365 Personal(旧Office365 solo)を購入する

Office2019は、Office2010と同じように一度買えば、サポート期限内はずっと使うことができる買い切り版です。ちなみに、Office 2019のサポート期限は「2025年10月14日」と残り5年と短くなっているのに注意しましょう。

MEMO
余談ですが、2021年後半には新しいバージョンの買い切り版(Office2022?)が登場する予定です。

Office Personal 2019(Word / Excel / Outlook)

WordとExcel(とOutlook)が必要な方は、「Office Personal 2019」が良いでしょう。なお、Windows10対応となっています。

Office Home & Business 2019(Word / Excel / PowerPoint / Outlook)

PowerPointも必要な方は、「Office Home & Business 2019」を選びましょう。なお、Windows10・mac(最新3世代)に対応しています。

Microsoft365 Personal(旧Office365 solo)

また、Microsoftはサブスクリプション版にも力を入れていて、「Microsoft365 Personal」も人気です。年間契約・月間契約となっており、常に最新の機能が使えるのが特徴です。なお、Windows10・Windows8.1・mac(最新3世代)に対応しています。

Microsoft365 Personal(旧Office 365 Solo) (最新 1年版)|Win/Mac/iPad
マイクロソフト
12,984円(Microsoft公式ストア 参考価格)
MEMO
mac(最新3世代)とは、2020年11月時点で、MacOS 10.14 Mojave 以降の事を言います。

もっと詳しく知りたい方へ

Microsoft Office製品の購入・選び方については、以下の記事が詳しいので合わせてご覧ください。

Microsoft Office・Word・Excelはどれを購入するべきか?できれば無料で。

最新のOffice製品へアップグレードする

最新Officeのシステム要件を確認する

「Office Personal 2019」「Office Home & Business 2019」「Microsoft 365 Personal」のシステム要件を確認した所、以下のシステム要件となっていました。念のため、確認しておきましょう。

Office2019とMicrosoft Personalのシステム要件
CPU1.6 GHz
2 コア プロセッサー
メモリ4 GB RAM
2 GB RAM (32 ビット)
HDD4GB
ディスプレイ1280 x 768

Outlookデータのバックアップ

WordやExcelのOfficeファイルは削除されませんが、Outlookデータファイルはバックアップが必要になります。Outlookデータがシステム内に保存されているためだと考えられます。

新しいバージョンをインストールする前に Office をアンインストールしても、Office ファイルは削除されませんが、お使いのバージョンの Office に Outlook が含まれている場合は、Outlook データ ファイルをバックアップすることが必要になる可能性があります。 「Outlook データ ファイルを見つけて別のコンピューターに転送する」を参照してください。

FMVサポートのこちらの記事も参考になるでしょう。

参考 富士通Q&A - (Outlook 2019) 2007 / 2010 / 2013 / 2016からメールメッセージと連絡先を移行する方法を教えてください。FMVサポート : 富士通パソコン

また、Office製品のアップグレードについて、Microsoft公式の情報を確認しておきましょう。

参考 Office にアップグレードする方法Office サポート

Office製品を削除(アンインストール)する

Windows10の画面で、Office製品の削除(アンインストール)を見ていきましょう。なお、画面上はOffice2013となっていますが、Office2010読み替えてください。

STEP.1
削除(アンインストール)画面を開く
  1. Windowsボタンを クリックし、Office製品を探します。
  2. Excel2010もしくはWord2010を右クリック
  3. 「アンインストール」をクリックします

Office製品の削除

STEP.2
Office製品のアンインストールを選択
  1.  該当するOffice製品を選択します
  2. 「アンインストール」をクリックします

Office製品の削除

STEP.3
削除(アンインストール)
画面の指示に従い、Office製品を削除(アンインストール)しましょう。

また、Windows7をお使いの方は、こちらの記事も参考にしてください。

参考 Office 2010 を削除する方法Microsoft

参考情報

MicrosoftのOffice 2010 のサポート終了については、こちらをご覧ください。

参考 Office 2010 のサポート終了 - Microsoft 365Microsoft Office