Windows10はどれを購入するべきですか?できれば無料で。

お客さま

Windows10を使いたいですが、どれを買えばいいですか?無料では無理ですよね?

Windows10はどれを購入するべきか?無料・有料まとめ

Windows10は、有料ソフトです。「Windows10 Home」でも、2万円程度となっています。けっこうな出費ですよね。

ただ、無料で使える場合もありますので、念のためまずは確認しておきましょう。

  1. Windows7・8.1のライセンスを持っている場合
  2. Windows10を30日間試してみたい場合

無料で使うWindows10

Windows7・8.1から無償アップグレードできる可能性あり

Windows7・8.1のライセンスをお持ちの場合、無償アップデートの対象となる場合があります。

すでにMicrosoftのアナウンスでは、2016年に無償アップデートは終了しています。しかし、2019年現在でも、無償アップデートの対象だったという事例がインターネット上に報告されています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

Windows10を無償アップデートできますか?Windows7・Windows8.1ユーザーですが。

Windows10を30日間試してみたい場合

現在使っているメーカーパソコンを確認したら、Windows10サポート対象外だったという方も多いでしょう。この場合でも、Windows10が動いてくれる可能性はあります。

そのため、新しいWindowsパソコンを購入する前に、一度Windows10を試してみるのも良いでしょう。購入せずに、30日間は試すことができます。

この場合は、こちらからWindows10をダウンロードし、インストールしましょう。

参考 Windows 10 のダウンロードMicrosoft

試した上で、主要なデバイス(例えば無線LANドライバー)やソフトウェアに問題がある場合などは、新しいWindowsパソコンを購入するのがいいでしょう。

購入するWindows10

さて、いよいよWindows10のライセンスが必要になった方は、購入を検討していきましょう。

「Windows10 Home」と「Windows10 Pro」

購入する場合は、「Windows10 Home」と「Windows10 Pro」があります。

一般家庭であれば「Windows10 Home」で十分でしょう。家電量販店で販売されているモデルのほとんどが「Windows10 Home」だからです。

Windows 10 HomeWindows 10 Pro
価格¥19,008¥27,864
対象ユーザー一般ユーザービジネスユーザー

Windows7のバージョンを参考に選ぶ

Windows7には、3つのバージョンがありました。

  • Windows7 Home Premium
  • Windows7 Professional
  • Windows7 Ultimate

「Windows7 Home Premium」をお使いの方は、「Windows10 Home」で良いでしょう。

Windows10 Pro版の機能を確認する

ビジネスユーザーで、「Windows7 Professional」や「Windows7 Ultimate」を使っている場合は、Windows10 Pro版で、よく使われる機能を確認しておきましょう。

  • 企業システムに必要な管理と展開
    • 「Active Directory」のドメイン機能
  • リモートデスクトップ(ホスト)機能
  • BitLockerによるデバイスの暗号化
  • 仮想マシン(Hyper-V)機能

これらに該当する場合は、「Windows10 Pro」を検討しましょう。また、他にも気になる機能があれば、以下のMicrosoft公式サイト情報をご覧ください。

参考 Windows 10 Home と Pro の違い | Microsoft WindowsWindows 10 Home と Pro の違い | Microsoft Windows

ダウンロード版とUSB版

Windows10の購入方法には、ダウンロード版とUSB版があります。

すぐにインストールしたい方は、ダウンロード版がオススメです。
郵送でパッケージを購入したい方は、USB版を選ぶと良いでしょう。

Windows10を購入する

参考情報

Windows10アップグレードの手順

Windows10アップグレードの手順については、以下の記事もご確認ください。

Windows10にアップグレードしたいです。どうすればいいですか?