Windows10の最新バージョンは、USBメモリ抜き差し自由です

お客さま

USBメモリをパソコンから抜く時は、[ハードウェアの安全な取り外し]を行う必要はありますか?
Windows10(バージョン1809)以降では、USBメモリ等の取り外しがいつでも可能になりました。[ハードウェアの安全な取り外し]を行う必要はありません。

近藤雄一

USBメモリが抜き差し自由になった

USBメモリなどのストレージデバイスのポリシー設定には、2つあります。

  1. クイック削除
  2. パフォーマンス向上

Windows10の各バージョンの設定は、以下の通りです。

Windows10のバージョンストレージデバイスのポリシー設定(既定)
Windows10(バージョン1803)以前パフォーマンス向上
Windows10(バージョン1809)以降クイック削除

Windows10(バージョン1803)以前までは、「パフォーマンス向上」が標準になっており、書き込み速度を上げるために、キャッシュが利用されていました。

そのため、[ハードウェアの安全な取り外し]を行い、キャッシュにあるデータを明示的にUSBメモリに書き込んであげる必要がありました。

Windows10(バージョン1809)以降は、「クイック削除」が標準になったと、Microsoftからアナウンスがありました。これで事実上、USBメモリの抜き差しが自由になったわけです。

 Windows 10 バージョン 1809 以降、既定のポリシーはクイック削除です。
以前のバージョンの Windows では、既定のポリシーはパフォーマンスの向上でした。

参考 Windows 10、バージョン 1809: 外部メディアの既定の削除ポリシーの変更Microsoft

Windows10のバージョンを確認する方法

Windows10のバージョンを確認する方法は、こちらの記事をご覧ください。

Windows10のバージョンは確認したいです。どこから確認できますか?

Windows10(バージョン1803)がまもなくサポート終了へ

これまでも「クイック削除」が標準になっている場合もあったようですが、パソコン毎に確認する必要がありました。

また、Windows10(バージョン1803)のサポートが、2019年11月12日に終了します。そのため、まもなくすべてのWindows10が1809以降になると考えられます。

これからの時代は、いつでも取り外し可能な「クイック削除」が標準になりそうですね。

注意
「いつでも取り外し可能」とはいえ、書き込み中は抜き差ししてはいけません。データが破損する恐れがあるからです。

ストレージデバイスのポリシー設定を確認する方法

STEP.1
スタートを右クリックし、「ディスクの管理」を選ぶ

STEP.2
USBメモリドライブのプロパティを選ぶ
  1. USBメモリを選ぶ
  2. 該当ディスクを右クリックし、プロパティを選ぶ

STEP.3
ポリシーを確認する

まとめ

たまにしか使わないUSBメモリであれば、「クイック削除」が便利そうですね。ポリシー設定を確認し、USBメモリを抜き差し自由で使っていきましょう。