Chromecast with Google TVでYoutube、ブロックノイズが発生した時の対処法

Chromecast with Google TVでYoutube、ブロックノイズが発生した時の対処法

お客さま

Chromecast with Google TV で、Youtubeを見ていると、動画によってブロックノイズが発生します。なぜなんでしょう?
古いテレビの場合、60fpsに対応していないため、ブロックノイズが発生することがあります。解像度を落とした所、正常に再生することができました。

近藤雄一

(Chromecast with Google TVでYoutube)ブロックノイズの発生例

Chromecast with Google TVでYoutubeで見る際、以下のようなブロックノイズが確認できました。

ブロックノイズの発生例

ブロックノイズの発生例

すべての動画でブロックノイズが発生するわけではなく、ブロックノイズが発生する動画もあれば、発生しない動画もありました。

60fpsの動画でブロックノイズが発生

画質情報を表示して確認すると、どうやら60fps(1秒間に60フレーム)の動画で、ブロックノイズが発生しています。

60fps動画でブロックノイズが発生している

60fps動画でブロックノイズが発生している

ちなみに今回、検証で使用した動画は、ヒカキンさんのゲーム動画です。最近のYoutuberさんは、60fpsで高クオリティの動画を配信されていることが多いようです。

ちなみに30fpsの動画はブロックノイズが発生していませんでした。例えば、任天堂スイッチの動画は、(任天堂スイッチが30fpsのデバイスなので)30fpsで作成されているため、フルHD(1920×1080)でもブロックノイズが出ませんでした。

対処法(解像度を落とす)

ブロックノイズを無くす対処法としては、30fpsの解像度を選ぶことになります。

Chromecast with Google TV上で、「もっと見る」、「画質」を選びます。

解像度を落とす方法

解像度を落とす方法

Chromecast with Google TVで画質を調整する

動画の画質を、順に落としていきます。720pでもダメで、480pでブロックノイズは消えました。

解像度を落とす方法

解像度を選択

ちなみに、PCのYoutubeから確認すると、1080p720pは60fpsである事が分かりました。

Youtubeの解像度を確認する

480pだと画質はずいぶん落ちてしまいますが、ブロックノイズが出るよりは良いですね。

1080pで30fpsで見ることができればベストなんですが、現状では方法は見つけられませんでした。

(参考)検証に使用したテレビ情報

ちなみに今回検証で使用したテレビは、2010年4月発売のSHARP「LC-32E7」と2015年2月発売「LC-32H20」です。「LC-32E7」ではブロックノイズが表示されましたが、「LC-32H20」ではブロックノイズは出ませんでした。

スペックを確認すると、以下の通りでした。

・LC-32E7(2010年 4月発売)
480i,480p,1080i,720p入力対応。

・LC-32H20(2015年 2月発売)
480i,480p,1080i,720p(30Hz/60Hz)、1080p(24Hz/30Hz/60Hz)入力に対応

新しい「LC-32H20」では、60Hzに対応している旨の表示があります。おそらく「LC-32E7」は、60Hzに対応していないのでしょう。そのため、ブロックノイズが発生したのでしょう。

ご案内は以上となります。少しでも参考になる情報があれば、うれしいです。ご覧いただきありがとうございました。

MEMO
Amazonで「Chromecast with Google TV」を検索してみましたが、2021/01/20現在では取扱がありませんでした。