eo電気、燃料高騰で”関電の従量電灯A”に戻すべきか?

eo電気、燃料費高騰で関電の従量電灯Aに戻すべきか?

eo電気を使用していますが、燃料費調整額の高騰で電気代が上がっています。(燃料費調整単価の上限がある)関電の従量電灯Aに戻すべきか考えてみました。

近藤雄一

関西電力の電気料金・燃料費調整制度

まず、関西電力の電気料金は、次のように決められています。

燃料費調整額は、燃料費調整単価(例:1kWhあたり2.24円)×1ヶ月の使用量(例:200kWh)が、加減されていることが分かります。

例の場合、200kWhの場合、448円になります。

燃料費調整制度

燃料費調整制度は、基準燃料価格(27,100円/kl)が定められ、調達する燃料価格が基準を超えるとプラス調整・下回るとマイナス調整される仕組みです。

なお、従量電灯Aなどには、電気特定小売供給約款が適用され、上限値が設定されています。

燃料費調整制度については、詳しくは関西電力のページをご確認ください。

参考 燃料費調整制度|電気|関西電力 個人のお客さま関西電力

燃料費調整単価の上限を超える

過去の燃料費調整単価を確認すると、2022年2月分は、すべてのプランで(1kWhあたり)2.03円でした。

燃料費調整制度(2022/02)燃料費調整単価(2022年02月分)

ところが、次の2022年3月分は、表が複雑になっています。従量電灯Aは2.24円ですが、なっトクでんきは2.72円となっています。

燃料費調整単価(2022年03月分)

従量電灯Aは、電気特定小売供給約款が適用されるため、上限値があります。

一方で、なっトクでんきは、電気特定小売供給約款の対象ではないため、燃料費調整単価の上限がないのです。2022年3月分以降、この燃料費調整単価が上がっています。

電気料金の適用期間1kWhにつき
2022/022.03円
2022/032.72円
2022/043.02円
2022/053.27円
2022/063.42円
2022/074.13円
2022/084.9円
2022/096.14円
2022/107.47円
2022/118.71円

例えば、7月分の電気料金は、2月〜4月の燃料価格を元に計算されています。3ヶ月〜5ヶ月前の燃料価格から算定されているわけですね。

また、2022年8月、eo電気HPでも燃料費調整額について分かりやすい紹介ページが用意されました。

eo電気のシミュレーション

さて、関西電力以外の電気でも、当然この燃料費調整単価がかかってきます。eo電気を調べた所、関西電力の燃料費調整単価と同じで上限値なしとなっています。

そのため、eo光とセットで、(燃料費調整額を除くと)eo電気の方が必ず安いがウリでした。

eo電気と関西電力 従量電灯Aの比較eo電気と関西電力 従量電灯Aの比較(プレスリリース資料より)

2021年3月の料金単価

私がeo電気を検討していた2021年3月頃、eo電気のウェブサイト上の「eo電気 電気代シミュレーション」で計算してみました。

eo電気 シミュレーション

関電の従量電灯A→eo電気に変えると、年間4000円ほど安くなる計算です。

eo電気 シミュレーション

しかし、昨今の燃料価格高騰で、(燃料費調整額が上がり)電気代が高くなる逆転現象が起きています。

燃料費調整額と再生可能エネルギー発電促進賦課金

2022年4月、昨今の燃料費高騰で、電気代も上がってきたため、改めてeo電気をチェックしていました。そうすると、以下のような記述を見つけました。

※燃料費調整額および再生可能エネルギー発電促進賦課金を除く

燃料費調整額と再生可能エネルギー発電促進賦課金を除く記載あり

関電の従量電灯Aより安いグラフになっているが、「燃料費調整額と再生可能エネルギー発電促進賦課金を除く」が気になるので、調べてみました。

再生可能エネルギー発電促進賦課金

まず、再生可能エネルギー発電促進賦課金は、年に1回改定されますが、関電の従量電灯Aと同じ額になります。そのため、eo電気と(関電の)従量電灯Aの料金差には影響はなさそうです。

eo電気の再シミュレーション(2022年4月の料金単価)

eo電気のシミュレーションは、燃料費調整額を含めた金額で計算してくれます。

2022年4月分の燃料費調整額は(1kWhあたり)3.02円で、(基準となる)上限ありプラン2.24円を超えています。

eo電気シミュレーション(2022/04分)

毎月0円〜200円安くなることが分かりますが、(約1年前の)2021年3月の料金単価と大幅にお得度が減っていることが分かります。

電気代が年間1万円も上がっており、関電の従量電灯Aより約1000円安くなるというシミュレーションになりました。

eo電気のお得度

eo電気の再シミュレーション(2022年7月の料金単価)

2022年7月分の燃料費調整額は(1kWhあたり)4.13円となり、(基準となる)上限ありプラン2.24円、2022年6月分3.42円を大幅に超えました。改めてシミュレーションしてみましょう。

やはりここまで燃料費が上がってしまうと、すべての月でeo電気のほうが高くなりました。

eo電気シミュレーション

燃料費高騰が続くようであれば、関電の従量電灯Aの方がお得ですね。

まとめ

燃料費高騰の影響で、燃料費調整単価の上限なしプランに変えている場合、元の関西電力の従量電灯Aの方が安い場合があることが分かりました。この機会に今一度電気代の見直しするのも良いですね。

【レビュー】eo光ユーザーなので、eo電気を使ってみた【レビュー】eo光ユーザーなので、eo電気を使ってみた