【レビュー】わかやまリフレッシュプラン2ndでダイワロイネットに泊まってみた

わかやまリフレッシュプラン2ndレビュー

先週末からずっと仕事だったので、平日午後から休みを取ることにしました。せっかくなのでわかやまリフレッシュプラン2ndでのんびりしようかな。ということで、ダイワロイネットホテル和歌山に泊まってきました。

近藤雄一

1.宿泊プランを探す

まずは、楽天トラベルで宿泊するプランを探します。今回は、プラン名「蘇りの地、わかやま」と記載がない場合も対象となることは、事務局に事前確認していました。つまり、(現地決済できる、5000円以上の)すべてのプランが対象となるわけです。これは探しやすいですね。(ただし宿泊施設側が対象外プランを設定している場合もあるようです)

いつもなら1泊しかしない所ですが、せっかくのリフレッシュプランなので、2泊してみようと考えました。

実際に、楽天トラベルで日程を入れて、(1泊5,000円以上プラン対象なので)2泊で10,000円以上を選択して検索します。

楽天トラベルでプランを探す

ダイワロイネットホテル和歌山で楽しそうなプランを発見しました。ミステリープランです!笑 どの部屋になるかチェックインしてから分かるプランです。しかもお値打ちです。

ダイワロイネットホテル和歌山のミステリープランダイワロイネットホテル和歌山のミステリープラン

ダイワロイネットホテル和歌山は、和歌山城前にある大きな宿泊施設です。一度泊まってみたかったのでした。

また、ダイワロイネットホテル和歌山が、わかやまリフレッシュプラン2nd対象施設であることを確認しておきましょう。

参考 対象の宿泊施設と旅行代理店(PDF)わかやまリフレッシュプラン

施設名から探すわかやまリフレッシュプラン2nd対象施設を確認する

ダイワロイネットホテル和歌山は、バッチリわかやまリフレッシュプラン2nd対象施設になっていますね。

あと、ダイワロイネットホテル和歌山に電話して聞きたい事もあったので、併せて対象プランであることを確認してみました。結果は、QUOカード付きプランは対象外ですが、それ以外の現地決済プランなら対象になるとのことでした。これで安心して旅行に出かけることができそうです。

それでは実際に予約していきましょう。

宿泊金額は、クーポン500円が適用されて、10,500円でした。1泊あたり5000円以上のプラン条件も満たしているのでOKです。

宿泊金額

この画面で一番重要なのは、必ず現地決済を選択することです。クレジットカードで支払った場合は、わかやまリフレッシュプランのチケットを使うことはできないので、注意しましょう。

現地決済を選ぶ現地決済を選択する

これで無事に予約することができました。

2.パスミー(PassMe!)でチケットを購入する

次にJTBのチケットサイト パスミー(PassMe!)でチケットを購入していきます。

わかやまリフレッシュプランのトップページから次のボタンを押すと、パスミー(PassMe!)のサイトを開くことができます。

1.「対象の施設・旅行会社をお探しの方」を選択する
トップページから対象の施設を探すボタン

2.「電子チケット購入はこちら」を選択する
電池チケット購入はこちら

3.チケット購入画面
パスミー(PassMe!)を開いた画面

私は前回のわかやまリフレッシュプランで、すでにパスミー(PassMe!)の会員登録済みです。会員登録がお済みでない方は、事前に会員登録しておきましょう。(チケット情報を保存する必要があるため、会員登録は必須です。)

ログインできたら、チケット枚数を入力して合計金額を確認後、個人情報を入力していきます。次にお支払いですが、クレジットカードを選択しました。セキュリティコードの入力、次の画面で3Dセキュアのパスワード入力が必要でした。また、「当日、スマートフォンを持参できます。」にチェックを入れて進みました。これで無事にチケットを購入することができました。

1.チケット枚数を入力
チケット枚数を入力する

2.お支払画面
当日スマホ持参チェックを入れる

3.チケット購入完了
チケット購入完了

パスミー(PassMe!)のチケットは、メールからも開くことができますが、オススメは、PassMe!マイチケットページをホーム画面やお気に入りに入れておくことです。私はホーム画面にリンクを入れておくことにしました。

PassMe!マイチケットページ

ホーム画面に追加

ホーム画面にリンクができた

これで当日慌てずにわかやまリフレッシュプランのチケットを表示することができそうです。

リフレッシュクーポン 使えるお店を探す

リフレッシュクーポンを使う場所ですが、公式サイトではなかなか探すのが大変でした。

わかやまリフレッシュクーポン 使える場所を探す

わかやまリフレッシュクーポン 使える場所を探す

地図検索機能がないため、和歌山市の飲食店を探すには、201件を見る必要があります。

そこで、GoToトラベルの地域共通クーポンの公式サイトで探すことにしました。リフレッシュクーポンが使えるお店は、地域共通クーポンのお店の一部だからですね。最後にリフレッシュクーポンが使えるか確認する必要がありますが、地図から探せるのは便利です。

地域共通クーポン 対象店舗を探す
地域共通クーポン 対象店舗を探す

気になるお店を発見します。「migiwa standard」さんです。早速、リフレッシュクーポン対象のお店か確認してみます。

リフレッシュクーポン 対象施設か確認する
リフレッシュクーポン対象店舗であることを確認する

おーバッチリ対象店舗になっています。これでリフレッシュクーポンを使えそうです。

参考 地域共通クーポン 検索マップGo To トラベル事業公式サイト 参考 取扱店舗一覧わかやまリフレッシュクーポン

わかやまGoToイートも活用しよう

2021年9月末まで、和歌山県のGoToイートも活用することができます。プレミアム食事券で、(購入額の25%を上乗せした)1冊 5,000円分(500円券×10枚)を4,000円で購入できます。

わかやまGoToイートキャンペーン
わかやまGoToイートキャンペーンのWEBサイト

食事券の販売期間・利用期間は、下記のとおりです。

  • 販売期間 〜2021年8月31日(火)
  • 利用期間 〜2021年9月30日(木)

宿泊施設が素泊まりの場合やお昼ごはんなどに、GoToイートを活用するのもいいでしょう。わかやまリフレッシュクーポンと一緒に計画しておくと良いでしょう。

参考 わかやまGoToEatキャンペーン公式サイト

3.旅行当日

持ち物

  • スマートフォン(チケットを表示するために必要)
  • 本人確認書類(免許証・保険証等)
  • PassMe!のID/パスワード

チェックインする

ダイワロイネットホテル和歌山、改めて見ると、大きな建物ですね〜

ダイワロイネットホテル和歌山の外観

それでは、チェックインしていきます。支払い時にわかやまリフレッシュプランのチケットを見せます。2泊なので、2枚を選択しておきます。アクセスコードはホテルの方が入力してくれました。

MEMO
チケット提示の際、画面トラブルを防ぐために、Wi-Fiオフにおくのがオススメです。コンビニのWi-Fi・ホテルのWi-Fiを拾ってしまい、通信エラーになることがあるためです。キャリアの通信回線の方が安心ですね。

チケット提示画面

チケット提示画面(処理前)

チケット提示画面(アクセスコード入力)

アクセスコードを入力してもらうと、チケットスタンプが表示されます。表示まで2〜3秒かかるので、少し待ちましょう。

チケット提示画面(処理後)

ミステリープランの結果は、、

ミステリープランの結果のお部屋は、トリプルルーム!でした。トリプルは、35m2で広いので、ゆっくり2泊過ごすことがでそうです。これは当たりですね!

トリプルルーム

しかも高層階なので、眺めも良いです。

部屋からの眺め

わかやまリフレッシュプランのクーポンは、2泊なので4枚(4,000円分)を手に入れました。

リフレッシュクーポン

和歌山市内を散策

和歌山城ホール建築中

ダイワロイネットホテルを西に歩くと、大きな工事をしていました。和歌山城ホール(市民会館)を建築中でした。ニュースでは知っていましたが、お城の真ん前、ここにできるんですね〜

和歌山城ホール建築中

和歌山市役所の展望台へ行く

和歌山市役所の14階には、展望ロビーがあり、和歌山城を一望することができます。

和歌山市役所の展望台

もう少し寄ってみます。バッチリですね。

和歌山城を一望

ランチ migiwa standardさん

早速、調べておいた「migiwa standard」さんに向かってみます。

和歌山城の北西側 「西汀丁(にしみぎわちょう)交差点」の一角にあります。ガーデンパーク・イオンモールに行く時に曲がる交差点ですね。

入り口にリフレッシュクーポンのポスターを発見しました。バッチリ使えそうです。

入り口にリフレッシュクーポンのポスターを発見

お店の雰囲気は、カフェ風なのでゆっくりできそうです。女性比率が高めです。平日なので、働いている女性の方・小さなお子さんの家族連れ・学生さんが多い感じでした。でも男性の会社員風の方も1人で食べに来ているし、誰でも気軽に入りやすい感じでした。

店内カウンターから和歌山城が臨めます。映っていないですが、木の脇から少し天守閣が見えました。いい眺めです。

migiwa standard 店内から和歌山城を臨む

グリルチキンのランチをいただきました。彩り鮮やかですね〜これに食後のコーヒーを付けて980円はお得感あります。

グリルチキンのランチ

上3つの小鉢は、ビュッフェ形式で自分で選ぶことができました。

ビュッフェ形式で小鉢を選ぶ

選ぶのが楽しくて、3周して、3つの小鉢を選びました。周りの方も、選ぶのを楽しんでいた印象でした。

お支払い980円は、もちろんリフレッシュクーポンで。お釣りはでませんが、1000円クーポン1枚を使うことができました。

参考 migiwa standard(@migiwastandard) Instagram

和歌山城のフォトスポット

ダイワロイネットホテルに戻る道の途中で、和歌山城のフォトスポットを発見しました。

和歌山城のフォトスポット

お堀と和歌山城がいい角度ですね。夜景もキレイでした。お堀に映る和歌山城がまた良いですね。

和歌山城の夜景

泊まったからこそ見られた風景ですね〜

まとめ

わかやまリフレッシュプラン2ndで実際に使ってみた記録でした。この後は、和歌山城の天守閣・わかやま歴史資料館にも行ってきました。あと、久しぶりの和歌山ラーメンも食べました。

旅をすると、新たな発見があり、いい刺激になりますね。宿泊施設や地元の応援にもなりますので、ぜひわかやまリフレッシュプランを活用して、旅をしてみてはいかがでしょうか?みんなで改めて和歌山の良さを再発見していきましょう(^^)

この記事が少しでも参考になればうれしいです。

参考情報

わかやまリフレッシュプラン2ndわかやまリフレッシュプラン2ndとは何ですか?【和歌山県民対象】 参考 わかやまリフレッシュプラン2nd公式サイト