【チケット販売終了】わかやまリフレッシュプラン2ndとは何ですか?【和歌山県民対象】

わかやまリフレッシュプラン2nd

お客さま

2021年に行われる和歌山県の「わかやまリフレッシュプラン2nd」について詳しく教えてください。
2021年6月22日(火)10:00〜12月31日(金)までの利用期間限定(予約・販売は10月31日まで)で、和歌山県民を対象に、旅行の(最大)半額補助を行う、和歌山県が実施するキャンペーンです。キャンペーン内容は、最大2万円のプランで、1万円の割引になります。また、2000円分のわかやまリフレッシュクーポンも付与されます。新型コロナで落ち込んだ観光需要を喚起しつつ、県民が感じている閉塞感からリフレッシュを図ろうというわけですね。それでは詳しく見ていきましょう。

近藤雄一

わかやまリフレッシュプラン2nd【2021年】

わかやまリフレッシュプラン2ndの概要

2021年の「わかやまリフレッシュプラン2nd」の概要をまとめてみました。

  • 旅行期間は、2021年6月22日(火)〜12月31日(金)出発までが対象
  • 予約・販売は2021年6月22日(火)〜8月31日(火)10月31日(日)まで(※電子チケットは同日18:00まで)
  • 1枚あたり5000円分の旅行チケットを2500円で購入(必要枚数を購入する)
  • (1人1泊あたり)チケット4枚(2万円分)まで利用できる
  • (1人1泊につき)2000円分のわかやまリフレッシュクーポンがもらえる
  • 和歌山県に住んでいる人限定
MEMO(2021/06/29)
 予約・販売期限が8月31日(火)→10月31日(日)に延長されました。

わかやまリフレッシュプラン2nd延長

わかやまリフレッシュプランの概要(公式サイトより)

わかやまリフレッシュクーポン

2021年のわかやまリフレッシュプラン2ndは、(1人1泊につき)2000円分のわかやまリフレッシュクーポンがもらえます。

わかやまリフレッシュクーポン(公式サイトより)
わかやまリフレッシュクーポン(公式サイトより)

わかやまリフレッシュクーポンを使える場所は、GoToトラベルの地域共通クーポンが使えるお店の内、事務局に登録された店舗が対象となっています。

使えるお店にはポスターが掲示されるので、観光先で探す際には参考になるでしょう。事前に確認したい場合は、わかやまリフレッシュクーポン特設サイトで確認しておきましょう。

クーポンはどこで使えますか?
和歌山県内の取扱店舗ポスターが掲示されている店舗でお使いいただけます。
また、本WEBページでもご紹介しておりますので、ご覧ください。

詳しくは、わかやまリフレッシュクーポン特設サイトで確認しておきましょう。

参考 わかやまリフレッシュクーポンわかやまリフレッシュクーポン事務局

地域共通クーポン 公式サイトで探す

わかやまリフレッシュプランの特設サイトは、地図検索をすることができません。

そこで、GoToトラベルの地域共通クーポンの公式サイトで探すことにしました。リフレッシュクーポンが使えるお店は、地域共通クーポンのお店の一部だからですね。最後にリフレッシュクーポンが使えるか確認する必要がありますが、地図から探せるのは便利です。

詳しくは、実際にわかやまリフレッシュプラン2ndを使ってみたレビュー記事をご覧ください。

【レビュー】わかやまリフレッシュプラン2ndでダイワロイネットに泊まってみ(リフレッシュクーポン使えるお店を探す)

参考 地域共通クーポン 検索マップGo To トラベル事業公式サイト 参考 取扱店舗一覧わかやまリフレッシュクーポン

わかやまリフレッシュプラン2ndの予算について

わかやまリフレッシュプランの予算は、なんと20億円と大規模な予算になっています。2020年のわかやまリフレッシュプランの予算は、8億9000万円だったことを考えると、かなり大きい予算だと分かります。

わかやまリフレッシュプラン2ndの予算
わかやまリフレッシュプラン2ndの予算

参考 令和3年度4月補正予算の概要和歌山県

テレビ和歌山によると、県は利用者を15万人を見込んでいるとのことです。

なお、県は利用者を15万人と見込み、今年4月の臨時議会で関連予算20億円を確保しましたが、その後の感染の拡大でプランが実施できていませんでした。去年行われた第1弾では当初の想定を超える需要があり、県は追加の予算を含めて8億9000万円の予算で対応、33万4000枚を完売しています。

わかやまリフレッシュプラン第2弾|テレビ和歌山

テレビ和歌山によると、7/11(日)夜時点で、36万8000枚の電子チケットが完売したとの事です。

去年をおよそ3万4000枚上回る、36万8000枚の電子チケットを販売、予定していた予算が上限に達したとして販売を終了しました。
県は去年の実績から利用者を15万人と見込み、プラン利用者1人あたり2000円のクーポンをつける費用や学校の修学旅行に充てる費用などを含めて20億円の予算を確保していました。

わかやまリフレッシュプラン終了|テレビ和歌山

わかやま新報によると、(和歌山県は)現段階の予算追加はないが、9月県議会の補正予算編成時の状況(コロナ感染・観光業)によっては、予算追加の可能性があり得るとしています。

第1弾では予算を追加して需要に対応したが、今回は現時点で追加の予定はない。9月県議会の補正予算案を組む段階で、観光業に深刻な影響が続き、県内は感染が拡大していない状況であれば、予算の追加はあり得るとしている。

わかやま新報 » Blog Archive » 20日間で完売 県のリフレッシュプラン

わかやまリフレッシュプラン2ndの利用の流れ

公式サイトを確認すると、利用の流れは、以下のとおりです。

  1. 参加している宿泊施設・旅行代理店を確認し、予約する
  2. PassMeサイト上で電子チケットを(必要枚数分)購入する
  3. 旅行に出かける(県内在住書類を忘れない)

わかやまリフレッシュプラン2nd 利用の流れわかやまリフレッシュプラン2nd 利用の流れ

なお、電子チケットはキャンセル(払い戻し)ができないので、ご注意ください。

1.参加している宿泊施設・旅行代理店を確認し、予約する

まずは、対象となる宿泊施設・代理店を確認しておきましょう。公式HPから「施設名から探す」「(エリア)地図から探す」ことができます。

地図から探すは、地図上から探せるわけではなく、例えば「和歌山市」エリアであれば、和歌山市内のホテル一覧が見られる機能になっています。

施設名から探す

エリア地図から探す

対象となる宿泊施設を探す

また、対象となる宿泊施設・代理店をPDFファイルで確認することもできます。印刷してチェックしたい方にオススメです。

対象となる宿泊施設一覧
対象となる宿泊施設一覧のイメージ(PDF)

参考 対象の宿泊施設と旅行代理店(PDF)わかやまリフレッシュプラン

宿泊施設を予約する

宿泊施設の場合は、直接電話・ホームページから予約する事ができます。また、「楽天トラベル・じゃらん」等の宿泊サイトから予約することもできます(現地決済のみ)

宿泊施設に予約する際の注意点は、2つあります。

  • 現地決済プランを選ぶ
  • 1人あたり5000円(税込)以上のプランを選ぶ

オンライン上で決済してしまった場合、わかやまリフレッシュプランの電子チケットを利用することができません。必ず現地決済プランを選ぶようにしましょう。

現地決済を選ぶ(楽天トラベル)現地決済を選択する

(じゃらん)現地決済を選択する(じゃらん)現地決済を選択する

また、5000円未満のプランは対象外ですので、必ず5000円以上のプランを選びましょう。

プラン名「蘇りの地、わかやま」の条件はなくなった

前回のわかやまリフレッシュプラン(2020年)は、プラン名「蘇りの地、わかやま」が条件になっていました。しかし今回は、プラン条件の記載がありませんでした。

県民向けマニュアルを比較(太字は筆者加工)
2021年2020年
割引の対象となるプランは?

県内の旅行代理店や宿泊施設のうち「わかやまリフレッシュプラン2nd」に登録 された登録事業者が販売する一人あたり5,000円(税込)以上(※)のパッケージ旅行やグループ旅行および宿泊プラン

割引の対象となるプランは?

県内の旅行代理店や宿泊施設のうち「わかやまリフレッシュプラン」に登録された参加事業者が販売する一人あたり5,000円(税込)以上(※)の「蘇りの地、わかやま」と表示のあるパッケージ旅行やグループ旅行および宿泊プラン

そこで事務局に確認したところ、今回は対象宿泊施設であれば、基本的には”わかやまリフレッシュプラン”のチケットを使うことができるようになっている、との事でした。逆に、対象施設で対象外プランがある場合には、わかりやすく記載をお願いしているとのことでした。

ただ、宿泊施設によっては、(前回同様)限定プランのみ対象にしている場合もありますし、対象外プランの記載がない宿泊施設もありました。心配な場合は、個別に確認するのが良さそうですね。

わかやまリフレッシュプラン 2020年の場合

前回のわかやまリフレッシュプラン(2020年)は、ちょうど税込み1万円のようなプランが販売されていました。この場合は、電子チケット2枚をピッタリ使えるので、とても予約しやすいですね。今回もこのようなプランが出てくると利用者としてはうれしいですね。

わかやまリフレッシュプラン対象のプラン楽天トラベル「わかやまリフレッシュプラン」対象の宿泊プラン例

旅行代理店で予約する

旅行先を相談したい場合は、最寄りの旅行代理店を探しましょう。

「宿泊・観光施設・交通機関」がセットになったパッケージ商品や、「観光施設・交通機関・お食事」の日帰り旅行の相談なども可能のようです。

また、旅行代理店の契約施設であれば、事業に参加していない施設も利用できるのも強みですね。

旅行代理店での予約に限り、旅行代理店の契約施設であれば、わかやまリフレッシュプランの参加事業者として登録していない県内の宿泊施設や観光施設も利用可能です。

さらに、電子チケットをいくら分購入できるか相談もできるのは良いですね。

旅行代理店で購入頂く際は、電子チケットをいくら分購入できるかもご相談下さい。スマートフォ ンがあれば、その場でも電子チケットを購入頂けますので、クレジットカードもご準備ください。

2.電子チケットを購入する

チケット購入はスマホがおすすめ

購入したチケットは、チェックイン時に見せる必要があるため、スマホで購入するのがオススメです。ちなみに、PassMe!はスマホサイトに最適化されているので、登録も難しくありません。

電子チケットはスマートフォン以外でも購入できますか?

はい、購入はインターネット環境があればPCやタブレットでも購入できますが、原則、受付(チェックイン)にご持参が必要です。
代表者の方1名で結構ですので、受付(チェックイン)時に、購入された電子チケットをご持参のスマートフォンやタブレット、PCで開くことができる状態にして下さい。電子チケット画面のスクリーンショットや印刷では受付(チェックイン)は原則できません。

PassMe!(パスミー)で電子チケットを購入

PassMe!(パスミー)は、JTBが運営するレジャーチケットサービスです。JTBは「るるぶ」でもおなじみの会社ですね。

わかやまリフレッシュプラン公式サイトから、「電子チケット購入はこちら」を選びます。

「わかやまリフレッシュプラン2nd」電子チケットを購入「わかやまリフレッシュプラン2nd」電子チケットを購入

(注意事項を確認して進むと)PassMeサイト上から、「わかやまリフレッシュプランチケット(5,000円分)を購入する形で、電子チケットを購入できます。なお、PassMeをはじめて使う方は、事前登録が必要になります。

わかやまリフレッシュプラン2nd PassMe画面

なお、電子チケットの購入に、クレジットカード・Paypalでの購入が必要になります。

購入したチケットを使うタイミングは、宿泊施設に予約した場合は、受付(チェックイン)の時です。また、旅行代理店の場合は、精算時です。

3.旅行に出かける

「チケットを購入したスマホ」と「県内在住を証明する証明書」を持って、旅行に出かけましょう。あと、PassMe!のID/パスワードを忘れないでおきましょう。

特に、県内に住んでいる事を提示できないと、電子チケットを使えないようですので、必ず「県内在住を証明する証明書」を持っていきましょう。

Q.17 県内在住を証明する証明書を忘れてしまった。

申し訳ございませんが、電子チケットの利用はできません。

ちなみに県内在住は、「免許証・保険証」を持っていけばOKです。また、「本人の名前と住所記載のある郵便物」でも良いみたいですね。

県内在住を証明する証明書は必要ですか?電子チケット使用時に、参加事業者へ下記のいずれか1つを提示頂きます。
・免許書、保険証等の県内在住を証明できる証明書
・本人の名前と住所記載のある郵便物

ちなみに「チケットを購入したスマホ」は忘れても何とかなるようです・・でも忘れないで持っていきたいですね。

受付時にスマートフォンを忘れてしまった。(スマートフォンを持参出来ない)

「購入者氏名」「電話番号」「利用枚数」、可能であれば「発券番号」を参加事業者にお伝えください。参加事業者側でPC管理画面で受付を行います。

わかやまリフレッシュプラン2ndが始まるまでの記録

当初、2021年4月の途中〜5月末まで実施される予定だったわかやまリフレッシュプランですが、新型コロナの影響で詳細が発表されないままになっていました。わかやまリフレッシュプラン2ndが始まるまでの記録をまとめています。

(2021年4月2日)NHK わかやまリフレッシュプラン再開へ

2021年4月2日(金)NHKの報道によると、和歌山県は「わかやまリフレッシュプラン」を再開する方向で、調整がしている事がわかりました。総額20億円規模の補正予算案を編成しており、9日開会の臨時県議会を通過すれば、4月中にも再開予定との事です。

和歌山県は、国の補助金を活用した県内向けの観光振興策を行うための補正予算案をまとめ、早ければ今月中にも、宿泊費などを補助する「わかやまリフレッシュプラン」が再開されることになりました。

和歌山県 県内向けの観光振興策「リフレッシュプラン」再開へ|NHK 和歌山県のニュース

観光庁は、「地域観光事業支援」として、都道府県に対して、4月〜5月の県内限定の旅行を補助することになっています。わかやまリフレッシュプランは、本制度を活用しているのですね。

また、2000円分のクーポンもあるので、前回よりもバージョンアップしたリフレッシュプランになりそうですね。楽しみです。

今回の「リフレッシュプラン」は、県民が県内の宿泊施設を利用する際に、1人あたり1万円を上限に費用の半額を補助するほか、県内の土産物店や観光施設などで使える2000円分のクーポンを発行します。

和歌山県 県内向けの観光振興策「リフレッシュプラン」再開へ|NHK 和歌山県のニュース

(2021年4月9日)令和3年4月臨時会の議案は可決

2021年4月9日の令和3年4月臨時会の議案に、わかやまリフレッシュプランが取り上げられました。議案は可決されたため、近々わかやまリフレッシュプランが開始される見込みとなりました。

予算は、国の「地域観光事業支援」に加えて、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」を活用することで、国からの全額補助となるようです。「地域観光事業支援」は、(最大)5000円補助ですが、(最大)1万円が補助される形になります。さらに県内消費を喚起するため、2000円クーポンが発行されます。

令和3年4月臨時会の議案について

県民リフレッシュプラン販売促進
第3波による緊急事態宣言が発令されて以降、旅行マインドが一層冷え込み、観光関連産業は極めて厳しい状況。この状況を打破するべく、国が実施する「地域観光事業支援」事業を活用し、昨年実施した「わかやまリフレッシュプラン」を改めて実施し、併せて、当該旅行期間中に土産物店や観光施設等で利用できるクーポンを付与することにより、県民による旅行需要や県内消費を喚起。

【支援内容】
◯総旅行代金の1/2以内(上限:10,000円支援 ※総旅行代金が20,000円以上)
◯一人あたり2,000円のクーポン発行

【条件】
・県内の宿泊事業者や旅行代理店が販売するプラン
・県民を対象とした5,000円以上の宿泊等プラン
・決済方法は現地決済

【期間】
令和3年5月31日まで ※6月1日チェックアウトまで

【利用手順】
1.旅行の予約(旅行事業者 or 宿泊施設 or WEB) ※総旅行代金の確定
2.電子チケットの購入 ※額面5,000円を2,500円で購入
3.旅行(電子チケットとクーポンの利用)

【予算】
2,000,000千円
※財源は、国の地域観光事業支援事業及び新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用

参考 令和3年4月臨時会の議案・採決結果等一覧和歌山県議会

(2021年4月13日)開始時期は、新型コロナの感染状況を見極めた上で実施予定

2021年4月13日和歌山県の発表によると、新型コロナの感染状況を見極めた上で、適切な時期から実施するとの事です。

4月9日開催の和歌山県議会4月臨時会において、『わかやまリフレッシュプラン2nd』にかかる予算が成立しました。

開始時期については、新型コロナウイルスの感染状況を見極めた上で、適切な時期から実施することとなっていますので、もうしばらくお待ちください。

『わかやまリフレッシュプラン2nd』県民・事業者向けコールセンターの開設について | 和歌山県

4月21日(水)現在、和歌山県でも新型コロナが流行し始めており、新規感染者数「10万人あたりの新規報告数 1週間で25人」を超えており、ステージ4(感染爆発段階)に相当しています。地域観光事業支援は、「ステージ2相当以下」を実施条件としているため、当面開始は難しいかもしれません。

(2021年4月23日)地域観光支援事業 12月末まで延長へ

観光庁は、ステージ3以上の地域で、地域観光支援事業が実施できていないことを踏まえて、5月末までの期限を12月末まで延長することを決めました。わかやまリフレッシュプランの内容も見直される可能性がありそうですね。

都道府県が行う割引支援について、現在のステージ2相当以下の地域における県内旅行の割引について、その期間を5月末までから12月末まで延長いたします。

地域観光事業支援における支援措置の追加について | 2021年 | 報道発表 | 報道・会見 | 観光庁

(2021年6月19日)わかやまリフレッシュプラン2nd 近日公開予定

2021年06月19日、わかやまリフレッシュプランのトップページに「近日公開予定です。公開までしばらくお待ちください。」と表示されている事を確認しました。まもなく始まりそうですね。

(2021年6月22日 10:00〜)わかやまリフレッシュプラン2nd開始

和歌山県 観光振興課は、2021年6月22日 10時頃 プレスリリースを出し、わかやまリフレッシュプラン2ndの開始を発表しました。

「わかやまリフレッシュプラン2nd」販売開始!
昨年の夏に実施し、好評をいただきました県民限定「わかやまリフレッシュプラン」を改めて実施します。今回はさらにレベルアップし、旅行期間中に土産物店等で使用できるお得な「わかやまリフレッシュクーポン」(2,000円分)が付きます。

6/22(午前10時)より「わかやまリフレッシュプラン2nd」チケットを販売します。

ぜひ、この電子チケットを利用し、県内各地を巡り、改めて本県の魅力に触れ、リフレッシュしてください。

■概要
【対象者】和歌山県内在住の方
【実施期間】令和3年6月22日(火)~12月31日(金)
※対象旅行:8月31日(火)までに予約・販売された旅行で
令和4年1月1日チェックアウト分まで
【割引内容】おひとり様、最大10,000円(総旅行代金の1/2以内)を割引
※上記は1泊あたり、泊数制限なし。日帰り旅行も対象
【電子チケット】1枚額面5,000円を2,500円で販売
【販売期間】令和3年6月22日10時~8月31日18時
※予算がなくなり次第、販売終了となります。
【購入可能枚数】1回あたり20枚
【電子チケット利用可能内容】
県内の旅行代理店や宿泊施設のうち、「わかやまリフレッシュプラン」に登録された事業者が販売する一人あたり5,000円以上の募集型企画旅行、受注型企画旅行、手配旅行および宿泊プラン(登録事業者は別添一覧参照)
【クーポン】 本プラン利用者に1人1泊あたり2,000円分を付与 ※日帰り同額
【クーポン利用先】 事前に登録された土産物店などの取扱店舗(下記特設HP参照)

■ご利用方法
(1)参加事業者(県内の旅行代理店や宿泊施設※1)を選択・予約
(2)電子チケット購入システム(Pass Me!)から「わかやまリフレッシュプランチケット」を購入※2
(3)宿泊施設等のチェックインの際、スマートフォンやタブレット等で電子チケットを掲示
(4)宿泊施設や旅行代理店でクーポンを入手し、旅行期間中に取扱店舗で使用
【利用制限】 1人1泊(日帰り含む)につき利用できる電子チケットは4枚以内
※1 参加事業者一覧は、下記特設HPから閲覧可能
※2 電子チケットの販売・利用方法詳細は下記特設HP参照
留意事項:新型コロナウイルスの感染状況により、事業を中断・延期等する場合があります。
Go To トラベルが再開された際は、本事業との併用はできません。

■問い合わせ
わかやまリフレッシュプラン販売促進事務局(県民・参加事業者専用コールセンター)
<電  話> 0120-280-180  <時  間> 9:00~18:00 無休
<特設HP> https://wakayama-refresh.com
発表資料はこちら
チラシはこちら(表・裏)
登録事業者一覧はこちら(宿泊・旅行)

「わかやまリフレッシュプラン2nd」販売開始! | 和歌山県

(2021/06/29)わかやまリフレッシュプラン2nd予約・販売期限延長

2021/06/29 和歌山県は、わかやまリフレッシュプラン2ndの予約・販売期限を8月31日→10月31日(日)に延長することを発表しました。国の地域観光事業支援の延長を受けた形です。

現在実施中の「わかやまリフレッシュプラン2nd」について、国(地域観光事業支援)の補助対象旅行の予約・販売期限延長を受け、本事業も同様に8月31日(火)までとしていた予約・販売期限を、10月31日(日)まで延長します。
「わかやまリフレッシュプラン2nd」予約・販売期限延長! | 和歌山県

地域観光事業支援のうち、都道府県が実施する旅行商品・宿泊サービスに対する割引や、地域限定での旅行期間中に使用可能なクーポン券等の付与を内容とする、いわゆる県民割に必要な費用に対する国の支援について、都道府県の要望も踏まえ、補助対象となる旅行の予約・販売期限を現在の8月31日までから10月31日に延長することとしました。

なお、支援対象となる旅行の実施期間は、従来どおり、4月1日から12月31日宿泊分(1月1日チェックアウト分)までです。
「地域観光事業支援」の補助対象となる旅行の予約・販売期限の延長について | 2021年 | 報道発表 | 報道・会見 | 観光庁

(2021/07/11)わかやまリフレッシュプラン2nd チケット販売終了

2021年7月11日夜、わかやまリフレッシュプランのチケットは、「予算上限に達したため販売終了」となりました。チケット販売開始から20日間で、チケット完売となりました。

予算が上限に達しましたので、販売終了しました。

わかやまリフレッシュプラン2nd完売
公式サイトに販売終了のお知らせ

まとめ

「わかやまリフレッシュプラン2nd」は、県民が和歌山県内を旅行することで、リフレッシュする事ができ、和歌山の観光も盛り上がるキャンペーンとなりそうですね。

わかやまリフレッシュプラン2ndを活用する方法をさらに知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

わかやまリフレッシュプラン2ndのオススメの利用方法はありますか?わかやまリフレッシュプラン2ndのオススメの利用方法はありますか?

また、実際に「わかやまリフレッシュプラン」を使ってみた感想などの記事はこちらです。

わかやまリフレッシュプラン2ndレビュー【レビュー】わかやまリフレッシュプラン2ndでダイワロイネットに泊まってみた

2020年のわかやまリフレッシュプランの記事はこちらをご覧ください。

わかやまリフレッシュプランチケット販売終了【2020年】わかやまリフレッシュプランとは何ですか?【和歌山県民対象】 カンデオホテルズ南海和歌山【レビュー】わかやまリフレッシュプランを利用して、キーノ和歌山へ行ってきました

最後までお読みいただきありがとうございました。本記事が参考になれば幸いです。