エコタンク搭載プリンタはどれを購入するべきですか?【2019年10月24日新モデル発売】

MEMO
新モデル(EW-M752T/EP-M552T)は、2019年10月24日発売です。

お客さま

プリンタのインク代を抑えたいので、エプソンのエコタンク搭載モデルを購入したいです。どのモデルがオススメですか?

インク代を抑えたプリンタで人気なのは、エプソンのエコタンクモデルです。1枚あたりの印刷コストが0.4円~2.7円程度と格安です。また、インク交換の手間も省けます。

ただ、本体価格は他モデルよりも高いので、最初に投資する感じになります。詳しく見ていきましょう。

エコタンクモデルの4モデル比較

エプソンから4つのエコタンクモデルがあります。分かりやすいように、比較表にしました。

左の2機種(EW-M752T/EP-M552T)が新モデルです。デザインもずいぶん変わりましたね。

EP-M552T
EW-M752T
EW-M630TB/TWEW-M770T/TW
値段30,000円程度40,000円程度42,000円程度60,000円程度
本体サイズ小さめ小さめ普通少し大きめ
重量約4.5kg約6.3kg約5.8kg約8.0kg
染料ブラック×
顔料ブラック×
L判印刷スピード33秒25秒75秒24秒
前面給紙なし1段(A4:最大100枚)1段(A4:最大150枚)2段(A4:最大100枚)
背面給紙A4:最大100枚手差し1枚なし手差し1枚
ディスクレーベル印刷×××
液晶サイズ1.44型4.3型2.4型2.7型
両面印刷×
印刷コスト
(A4モノクロ)
1.2円1.2円0.4円0.5円
印刷コスト
(A4カラー)
2.7円2.7円0.9円1.3円

新エコタンクモデル(EW-M752T/EP-M552T)の特徴

新エコタンクモデルの特徴をまとめると、この2点でしょう。

  • (低価格モデルで)写真がきれいにすばやく印刷できる
  • インク取付場所が変更されて小型化・コンパクトに

(低価格モデルで)写真印刷もできるエコタンクプリンター

特に一番大きな変化は、低価格モデルで、写真印刷もできるエコタンクプリンターになった点です。

MEMO
これまでは写真印刷をするなら、ハイエンドモデル(EW-M770T/TW)がオススメでした。エコタンクモデルの中で、唯一染料ブラックが搭載されていて、L判印刷スピードが早かったためです。

新モデルでは、染料ブラックが搭載され、L判印刷スピードも上がり、写真印刷もできるエコタンクプリンターになりました。

丸みを帯びてカワイイデザインになった

写真印刷をしやすくなった事に加えて、インク位置がプリントヘッドの場所になったので、少し小型化されました。

従来のビジネスよりのデザインから、丸みを帯びたデザインになり、家庭向けのデザインになったと言って良いでしょう。

旧モデルとの違いはインクコスト

旧モデルも継続して販売されます。

新モデルは買いやすい本体と低印刷コストをウリにしています。
旧モデルは(新モデルよりも)さらに安い印刷コストをウリにしているようです。

(参考)エコタンク搭載モデルカタログより

印刷する枚数によって、旧モデルと新モデルを選ぶのが良さそうです。

インク残量表示の変更

新モデル(右)では、インクがプリントヘッド位置になったため、インク残量はLEDで分かるそうです。

インク残量の有無は本体前面のLEDで表示。インク残量がある場合は白色で点灯、なくなった場合は点滅でお知らせします。常時消灯も可能。液晶パネルからもインク残量の確認ができます。

インク残量は、旧モデルの方が、パッと一目で見て分かるので、使いやすそうです。一方、新モデルの方が、スタイリッシュで、デザイン的にはシンプルで良いですね。

それでは各モデルの特徴を見ていきましょう。

各エコタンクモデルの特徴

EP-M552T

(生産終了した)EW-M571T/TWと機能・価格帯とも似ているため、比較表を作成しました。

EW-M571T/TW(生産終了)EP-M552T(新モデル)
値段34,000円程度
(販売当時)
30,000円程度
染料ブラック×
顔料ブラック×
L判印刷スピード76秒33秒
前面給紙なしなし
背面給紙A4:最大100枚A4:最大100枚
ディスクレーベル印刷××
液晶サイズ1.44型1.44型
両面印刷×

顔料ブラックから染料ブラックに変わっている点が大きいですね。染料ブラック搭載、L判印刷スピードアップで、写真印刷に強いモデルになっています。

このモデルだけ、スキャン機能が「シートフィード方式」になっています。雑誌や本のスキャンは難しいでしょう。

また、「免許証やカード類」はアプリでスキャンすることを推奨しているようです。

EW-M752T

EP-M552Tの上位機種です。1万円程度の価格差になります。

従来通り、顔料ブラックを搭載しているため、文字印刷・ビジネス用途に強いと言えるでしょう。

また、前面給紙はやっぱり便利ですし、両面印刷もたまに欲しいところですね。液晶サイズも大きめなので使いやすそうですね。

予算に応じて、こちらのモデルも検討してみましょう。

EW-M630TB/TW

エコタンクのこれまでのスタンダードモデルです。旧モデルを選ぶ理由は、やはり印刷コストの安さでしょう。

EW-M770T/TW

エコタンクのハイエンドモデルです。印刷コストの安さに加えて、高機能です。

上トレイに写真用紙、下トレイにA4用紙(もしくは写真用紙)を入れる事ができます。あと、ディスクレーベル印刷はこのモデルのみ対応ですね。

3ヶ月使ってみたレビューをこちらの記事にまとめました。

エコタンクのプリンタ(EW-M770T/TW)を購入して良かった【3ヶ月レビュー】

エコタンクモデルの本体サイズ比較

エコタンクモデルの本体サイズを比較してみました。クリックして、拡大してご覧ください。

新モデル(EW-M752T/EP-M552T)の方が、より斜め上から撮影されているため、大きく見えているので注意してください。

EW-M752TEP-M552TEW-M770T/TWEW-M630TB/TW
本体サイズ横39.0cm
奥行き33.9cm
高さ16.6cm
横39.0cm
奥行き32.4cm
高さ16.6cm
横42.5cm
奥行き35.9cm
高さ16.1cm
横37.5cm
奥行き34.7cm
高さ18.7cm

新モデルとEW-M630TBを比べると、横幅1.5cm増えているものの、全体的にコンパクトになっているのが分かりますね。

EW-M752Tの本体サイズ

EP-M552Tの本体サイズ

EW-M770T/TWの本体サイズ

EW-M630TB/TWの本体サイズ

印刷コストの比較

エコタンクモデルは、1回のインク交換で、A4カラー文書がなんと約6000ページ印刷できます(EW-M630の場合)。PX-M650Fのインク50本分に相当するそうです。かなり印刷コストは抑えられますね。

新モデル(EW-M752T/EP-M552T)は、旧モデルのエコタンクよりも印刷コストが高くなっているので、確認しておきましょう。

A4モノクロ文書A4カラー文書
EW-M752T1.2円2.7円
EP-M552T1.2円2.7円
EW-M770T/TW0.5円1.3円
EW-M630TB/TW0.4円0.9円
PX-M650F4.1円13.5円

新モデルと旧モデルの印刷コストは、モノクロ文書で0.7~0.8円、カラー文書で1.4~1.8円の差があります。

ざっくり1枚1円の差があると考えて、両モデルを比較すると良いでしょう。例えば、5年で15,000枚印刷する考えれば、15,000円の差になるわけです。

印刷コストシミュレーション

エプソンの公式サイトで紹介されているシミュレーション例で、EW-M770T/TWで、トータルコストを比較してみましょう。

1ヶ月にA4カラー文書100枚印刷を、5年間続けると、4万円ほどお得になる計算になりました。逆に、毎月50枚未満の方は、インクジェットプリンターの方が安上がりになるようです。

エプソンのコストシミュレーションはこちらです。

参考 エコタンク搭載モデル コストシミュレーションエプソン

その他

写真を印刷するのにエコタンクはオススメ?

EW-M770Tとカラリオを比べてみましたが、今販売されているカラリオの方がやっぱりキレイですね。この辺りは、家電量販店に実際に印刷した写真の比較ブックが用意されてるので、見てみるのがいいですね。

ただ、写真がキレイなモデルほど印刷コストが上がる傾向にあります。

EW-M571T/TW(生産終了)

エコタンクのエントリーモデルです。値段を抑えるなら、このモデルがオススメでした。在庫セールしていればチャンスですね。

MEMO
2019/07までは実売価格が34,000円程度でしたが、2019/08からは9000円程度値下がりして、25,000円程度と大変オトクになっています。
MEMO
(2019/09/21)Amazon販売分の在庫が売り切れたようです。在庫復活の可能性は低いかも知れませんが、以下のリンクは参考までに残しておきます。

まとめ

インク代を抑えたい方へのエコタンク搭載モデルのプリンターのご紹介でした。エコタンクにするとたくさん印刷しても、インクコストを抑える事ができ、インク交換の手間が省けるのが嬉しいですね。

参考 エコタンク搭載モデル エコタンク方式 製品情報エプソン 参考 エコタンク搭載モデル『EW-M752T』など、家庭用インクジェットプリンター計9機種11モデル新発売(2019年7月25日) | ニュースリリースエプソン