【徹底レビュー】楽天ポケットWifi2B/2C(Rakuten WiFi Pocket 2B/2C)の使い勝手はどうですか?

【徹底レビュー】楽天ポケットWifi2B/2C(Rakuten WiFi Pocket 2B/2C)の使い勝手はどうですか?

お客さま

「Rakuten WiFi Pocket 2B/2C」の購入を検討しています。楽天モバイルを一度使ってみたいと思っているのですが、どうでしょうか?特徴などを教えてください。
「Rakuten WiFi Pocket 2B・2C」は、楽天モバイルオリジナルのモバイルルータです。楽天エリアで繋がり、十分な速度が出る場合はオススメです。それでは詳しく見ていきましょう。

近藤雄一

公式サイトを確認する

「Rakuten WiFi Pocket 2C」を見てみる

楽天ポケットWifi 2B・2C(Rakuten WiFi Pocket 2B・2C)の特徴

「Rakuten WiFi Pocket 2B・2C」は、106〜107gで、コンパクトで使いやすそうな印象です。ざっと「Rakuten WiFi Pocket 2B・2C」の特徴をまとめてみました。

  • 大容量バッテリー2,520mAh、約10時間通信可能
  • 4G LTEに対応(※5Gなし)
  • 16台まで同時接続可能
  • カラーは2種類(ブラック / ホワイト)
  • microSIMサイズ※eSIM非対応
  • IEEE802.11(b/g/n)※IEEE802.11a/ac非対応
  • ACアダプタ同梱なし、別途購入必要

なお、Wi-Fiは2.4GHz帯のみのため、IEEE802.11a/ac非対応に非対応となっています。

Rakuten WiFi Pocket 2C(2022年2月26日発売)

「Rakuten WiFi Pocket 2C」は、2022年2月26日(土)に発売されました。2Bは「micro USB Type-B端子」でしたが、2Cは「USB Type-C端子」となっています。

「Rakuten WiFi Pocket 2B」は、Bという型番が付いており、”micro USB Type-B”を意味していると楽天モバイルは説明していました。これは、USB Type-C端子の型を発売するためだったのですね。

Rakuten WiFi Pocket 2B・2Cの違いは、サイズ・重量がわずかに大きくなっていますが、接続端子以外はほぼ同じ機種となります。

「Rakuten WiFi Pocket2B・2C」と「Rakuten WiFi Pocket1」との比較

「Rakuten WiFi Pocket1」との違いは、対応バンド・接続台数(10台→16台に増えた)・SIMサイズ(標準SIM→microSIM)・サイズ変更(横向きになった)ぐらいです。マイナーチェンジと言っていいでしょう。

なお、対応バンドが変更になったとはいえ、楽天モバイルのBand3・Band18は両方対応しています。

また、バッテリー容量が3,000mAh→2,520mAhと減っていますが、通信時間は10時間と同じになっています。

「Rakuten WiFi Pocket2B」と「Rakuten WiFi Pocket1」との比較表
Rakuten WiFi Pocket 2B・2CRakuten WiFi Pocket(旧モデル)
サイズ(2B)縦 6.38cm (2C)縦 6.48cm
横 10.73cm
厚み 1.5cm
縦 9.45cm
横 6.12cm
厚み 1.71cm
本体価格(税込)7980円9,980円
重量(2B)約106g
(2C)約107g
約100 g
ホワイト / ブラックホワイト / ブラック
連続待受時間約300時間約300時間
連続通信時間約10時間約10時間
バッテリー容量約2,520mAh約3,000mAh
充電端子(2B)micro USB Type-B
(2C)USB Type-C
micro USB Type-B
SIMタイプmicroSIM標準SIM
接続台数16台10台
付属品(2B)micro USB Type-Bケーブル
(2C)USB Type-Cケーブル
クイックスタートガイド
ACアダプター
micro USB Type-Bケーブル
クイックスタートガイド
バンドLTE
1 / 3 / 7 / 18 / 19 / 26
38 / 41WCDMA
1 / 2 / 19
LTE
1 /  3 /  8 /  11 / 18 /  19 /  21 / 28 / 413G
1 / 5 / 6 / 8 /19
Wi-FiIEEE802.11(b/g/n)
※2.4GHzのみ対応
IEEE802.11(b/g/n)
※2.4GHzのみ対応
発売日(2B)2021年7月29日(木)
(2C)2022年2月26日(土)
2020年12月8日(火)

楽天ポケットWifiの本体価格

楽天ポケットWifi2B/2C(Rakuten WiFi Pocket 2B/2C)は、本体価格 税込みで7,980円となっています。IEEE802.11a/ac非対応ですし、安価である事から、モバイルルーターの中では、エントリーモデルと言えそうです。

 

Rakuten WiFi Pocket 2Bの本体価格楽天ポケットWifi2Bの本体価格(税別)

ちなみに、モバイルルーターで人気のあるAterm MR05LNは、デュアルSIMで、11ac/n/a(5GHz帯)に対応しているモデルは、2万3000円程度です。

楽天ポケットWifi2Bの外観

楽天ポケットWifiの外観は、以下のとおりです。

楽天ポケットWifi2Bの外観

楽天ポケットWifi2Bの外観

楽天ポケットWifi2Bの外観

楽天ポケットWifi2Bの外観

楽天ポケットWifi2Bの外観

(画像は、Rakuten WiFi Pocket 2B商品ページより引用)

「Rakuten WiFi Pocket 2C」のUSB Type-C端子

(画像は、Rakuten WiFi Pocket 2C商品ページより引用)

「お買いものパンダ」がプリントされているのも可愛いですね。ディスプレイもついているので、電波状況も確認しやすそうです。楽天ポケットWifi1の厚み(17.1mm)を感じましたが、2Bは厚み(15mm)と少しスタイリッシュになった印象です。

ちなみにブラックは、次のイメージです。

Rakuten WiFi Pocket 2B ブラック

楽天ポケットWifi2B・2Cの料金(モバイルルーターとしても人気)

楽天モバイルは、楽天アンリミット1プラン 2980円で、楽天自社回線でデータ使い放題、パートナー回線(AU回線)は月5GBまで利用でき、超過後は1Mbpsで使い放題となっています。お手頃なモバイルルータが発売されたことで、より一層利用しやすくなった印象です。

楽天アンリミットについては、こちらの記事も合わせてご覧ください。

Rakuten UN-LIMIT VI(楽天アンリミットシックス)【徹底レビュー】楽天アンリミットについて詳しく教えてください

モバイルWi-Fi実質0円お試しキャンペーン

Rakuten WiFi Pocket2B発売と当時に、「モバイルWi-Fi実質0円お試しキャンペーン」が始まりました。

楽天モバイルの回線エリアは順次拡大していますが、自分の行動エリアで使えるか、気になる方も多いでしょう。今回は、モバイルルータと回線がセットで、1円なので、気軽に試すことができそうです。

お客様は、初めて「Rakuten UN-LIMIT VI」を契約して本製品を利用する場合、楽天回線エリア内においてデータ通信を無制限で3カ月間無料でご利用いただけます(注6)。これにより、お客様はお手持ちのスマートフォンなどを本製品に接続することによって、お気軽に楽天回線をお試しいただけるほか、固定回線を併用することなく、ご自宅などで様々な製品でデータ通信をご利用いただけます。

(楽天モバイルプレスリリースより)(太字は筆者加工)

MEMO
3ヶ月無料キャンペーンは、2022年2月8日(火) 23:59に終了しました。

なお、本体価格1円で、楽天アンリミット新規で5000ポイントなのでで、実質0円です。というよりは、プラスになるようですね。

キャンペーンを確認する

モバイルWi-Fi実質0円お試しキャンペーンを見てみる

併用不可のキャンペーン等もありますので、必ずキャンペーン詳細を確認しておきましょう。

また、他のキャンペーンも併用できることもありますので、楽天モバイルのキャンペーン情報も要チェックです。

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)のキャンペーンをまとめてみた楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)のキャンペーンをまとめてみた

対応している周波数帯

楽天モバイルの対応バンド3(1.7Ghz)、パートナー回線AUのバンド18はもちろん、主要なバンドに対応しています。

  • LTE (FD):B1、B3、B7、B18、B19、B26
  • TD-LTE:B38、B41
  • WCDMA:B1、B2、B19

楽天ポケットWifi 2B・2C(Rakuten WiFi Pocket)のレビュー

my楽天モバイル(WEB版)で回線判別ができるようになった(2021年9月以降)

「Rakuten WiFi Pocket」本体で、my楽天モバイルが使えません。

しかし、スマホやPCで、my楽天モバイル(WEB)に接続すれば、「Rakuten WiFi Pocket」が楽天回線エリアかパートナー回線エリアを見分けることができるようになりました。

my楽天モバイル(WEB)

私は、「Rakuten WiFi Pocket」で検証しましたが、おそらく「Rakuten WiFi Pocket 2B」でも同じように確認することができるでしょう。

my楽天モバイルは使えないので、回線判別できない(2021年8月以前)

「Rakuten WiFi Pocket 2B・2C」本体で、my楽天モバイルが使えないので、楽天回線エリアかパートナー回線エリアを見分ける方法がありません。

my楽天モバイル(WEB版)で、残容量を確認するしかなさそうです。これは不便ですね。

●本体で、楽天回線エリアかパートナーエリアか見分けることができるか知りたい
→本体ではご確認いただけません。
サービスエリアマップをご確認いただくか、「my 楽天モバイル」で高速データ容量の消費の有無でパートナー回線へ接続されているかご確認いただけます。

[Rakuten WiFi Pocket 2B] 機能についてよくある質問 | お客様サポート | 楽天モバイル

オススメの使い方(外出時にオン、帰宅時にオフする)

(自宅にWifiがすでにある場合)モバイルルーターのオススメの使い方は、自宅にいる時は楽天ポケットWifiの電源をオフしておく事です。外出時にオン、帰宅時にオフすることで、(自宅に帰ってからの)データ量消費することを防ぐことができます。

実際、自宅に帰ってから、電源を切り忘れて、そのまま楽天ポケットWifiのデータ量を消費していた事がありました。電源オフする習慣をつけていきましょう。

まとめ

楽天ポケットWifi2B・2Cは、キャンペーンを活用すれば0円から始めることができるので、楽天エリアにお住まいの方はチャレンジしてみる価値はあるでしょう。お手持ちのスマホそのままで、楽天モバイル回線を試してみてはいかがでしょうか?

公式サイトを確認する

「Rakuten WiFi Pocket2C」を見てみる

参考情報

Rakuten UN-LIMIT VI(楽天アンリミットシックス)【徹底レビュー】楽天アンリミットについて詳しく教えてください 楽天モバイルエリア楽天アンリミットのエリアを確認しよう【圏外は大丈夫?】 参考 楽天モバイル、新製品「Rakuten WiFi Pocket 2B」を、初めての「Rakuten UN-LIMIT VI」とのセット申し込みにて実質0円で発売楽天モバイル株式会社