【レビュー】わかやまリフレッシュプランを利用して、キーノ和歌山へ行ってきました

カンデオホテルズ南海和歌山
仕事で和歌山市に行く用事がありました。いつもなら真っ直ぐ帰る所ですが、次の日の予定も空いているので、せっかくなら1泊して観光気分してみようと思い立ちました。まさにリフレッシュ休暇ということで、「わかやまリフレッシュプラン」を利用してみました。

近藤雄一

わかやまリフレッシュプランの予約

早速、楽天トラベルで「蘇りの地」と書いたプランを探してみました。

2020年7月15日14時現在で、「蘇りの地」対象件数は、105件見つかりました。徐々に対応している宿泊施設も増えてきました。

わかやまリフレッシュプラン対応の宿泊施設わかやまリフレッシュプラン対応の宿泊施設

ただ、1人で利用できるプランを出している宿泊施設は少ない印象でした。観光なので、やっぱり2人以上の利用がメインなのでしょうか。

キーノ和歌山・カンデオホテルズ南海和歌山を見つける

いろいろなプランを探していると、和歌山市駅のキーノ和歌山にできた「カンデオホテルズ南海和歌山」を発見しました。

カンデオホテルズ南海和歌山

カンデオホテルズ南海和歌山

このホテルは、2020年7月3日(金)にオープンしたばかり。通常料金は2万円ほどなのですが、オープン料金なのか、お一人様素泊まりプランで、税込みで6270円と格安で泊まれそうです。

わかやまリフレッシュプランなら、2500円安く泊まれるので、3770円となります。駐車料金は800円なので、合わせて4570円で観光できる計算です。これはかなりお得ですね。

わかやまリフレッシュプランチケットをパスミー(PassMe!)で購入

事前に会員登録をしてあったので、あとはチケットを購入するだけです。

わかやまリフレッシュプランチケットの残り枚数

わかやまリフレッシュプランチケット(5000円分)引換券を購入する画面を開きます。そうすると、チケット残り27095枚の文字が。すべての在庫が出ているのかは分かりませんが、まだ購入チケットには余裕がありそうです。一安心です。

お客様情報を入力終えると、クレジットカード入力、スマートフォン所持のご確認に進みます。「利用当日、スマートフォンを持参できます」と書かれており、やはりスマホが推奨されているようです。

わかやまリフレッシュプランチケット スマホ持参の記載

なお、クレジットカードの支払いには、3Dセキュアのパスワード入力も必要でした。

また、支払いには、クレジットカードの他にも、ApplePayとPaypalが使えるようです。ただ、ApplePayのQuickPay(楽天カード)は使用できませんでした。ApplePayのすべてが使える訳ではなさそうですね。

ちなみに、パスミー(PassMe!)のよくある質問を確認すると、「クレジットカード」のみ記載されているので、クレジットカードが一番便利そうですね。

どのような支払方法がありますか?

クレジットカードでのお支払いです。VISA・MASTER・JCB・AMEX・DINERSマークがついているものを利用できます。予約完了時点で決済が行われます。
(参考)FAQ・よくある質問|前売りチケットはPassMe!!

キーノ和歌山・カンデオホテルズ南海和歌山にチェックイン

カンデオホテルズ南海和歌山

キーノ和歌山の駐車場に停めて、カンデオホテルズ南海和歌山に向かい、いざチェックインです。フロントは、最上12Fの一個下、11Fにありました。フロントは下のイメージだったので意外です。

チェックインするにあたり、「体温チェック」と「体調に関するアンケート」に答えました。しっかり感染症対策を徹底している印象です。また、翌朝の清掃でも、徹底してアルコール消毒されている印象でした。仁坂知事が「宿泊施設のみなさまが万全の対策をして、皆さまをお迎えしています」と言っていた言葉通りの印象でした。

わかやまリフレッシュプランチケットの提示

先に、スマホのわかやまリフレッシュプランチケットを開いておきました。そうすると、本人確認書類を求められたので、免許証を出しました。

少し驚いたのですが、免許証のコピーを取らせて頂きます、との事でした。事前に知らなかったので驚きましたが、県内在住をしっかりチェックしているようです。他ホテルでは、免許証をチラッと確認するだけの場合もあるようで、ホテルにより対応は異なるようですね。

その後、わかやまリフレッシュプランチケットを使う際、「コードを使用する」をタップして、コードを教えてもらい、入力していきます。OKを押すと、画面上にスタンプが押されます。このスタンプは点滅するためか、表示までしばらくかかりました。これで無事にわかやまリフレッシュプランで宿泊できます。

カンデオホテルズ南海和歌山のファーストインプレッション

カンデオホテルズ南海和歌山の雰囲気は、都会のリッチなホテルなイメージです。部屋のサイズは18平米なので、ビジネスホテル並ですが、雰囲気はハイクラスな感じでとても良いでした。

部屋は広くないのに、すごく快適な空間でした。奥のソファーは、和歌山市を一望しながらくつろげるし、ベッドの横のいすに座りながらテレビを見たりするのも快適でした。テレビも大画面だったのも嬉しかったです。

奥のソファーといすの間にコンセントもあり、パソコンの作業もできました。机は小さめですが、動かせるので割と便利な印象でした。

あと、最上階のスカイスパが良かったです。和歌山市駅周りには高いビルもないので、見晴らしが良い感じで、紀ノ川を望めました。晴れていればもっと良かったのかなあ。

キーノ和歌山のTSUTAYA図書館がすごかった

翌日、せっかくなので、少しキーノ和歌山を散策してみました。和歌山市立図書館の快適さが一番の驚きでした。こちらも都会の本屋さんを思わせるデザインで、これがTSUTAYA図書館なんだと感動がありました。

コーヒーを飲みながら本を読めるのはもちろん、学習スペース・ワークショップなどのスペースもあり、なんと持ち込みの飲食スペースまで用意されています。

上のフロアに行くと、子どもの絵本がたくさんあり、話しても良い雰囲気の楽しい空間がありました。

図書館と言えば、飲食禁止で、学習に使えない図書館もある中で、真逆の図書館に感じました。こんな図書館あったらいいなを全部やっているようにも見えました。

まとめ

わかやまリフレッシュプランを使うと、普段は日帰りしている所を気軽に一泊でき、リフレッシュできるのがいいなあと感じました。行ってみたかったキーノ和歌山にも行けたし、良い経験ができたように思います。

興味ある方は、まず一度どんな宿泊施設がプランを出ているのか確認してみましょう。

また、わかやまリフレッシュプランをもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もご確認ください。

わかやまリフレッシュプランのロゴわかやまリフレッシュプランとは何ですか?【和歌山県民対象】