(和歌山)南海フェリーに乗ったら徳島は近かった話

フェリーかつらぎ
(和歌山から)徳島は、とても遠く感じますが、実はフェリーで繋がっています。所要時間は、和歌山港から約2時間です。はじめて南海フェリーに乗ってきました。

近藤雄一

南海フェリーの概要

(和歌山から)徳島は、とても遠く感じますが、実はフェリーで繋がっています。所要時間は、和歌山港から約2時間です。

和歌山と徳島は実は近い
南海フェリー公式HPより

ちなみに、地図を見ると、淡路島がとても近いことに驚きますが、大阪・神戸をグルっと回る必要があります。車で2時間半・電車で3時間半ぐらいかかります。

そう考えると、徳島は、船でのんびり2時間は割と近いなあという印象です。

今まで、岡山経由で電車で徳島に行ったことはありますが、フェリーでは初なので、楽しみです。

和歌山港の場所

和歌山県庁前の交差点から海に向かってまっすぐで、左手なので入りやすそうです。

私は、(南から)西浜方面から北上したのですが、フェリーターミナルが右手にあり、交差点付近のため、少し入りにくい印象でした。(私は一度通り越してしまいましたw)

そのため、私のオススメは、県庁前交差点から西に向かうルートです。

南海フェリーの時刻表

和歌山港〜徳島港は1日8便も出ており、いつでも乗れる印象です。

和歌山港→徳島港

南海フェリー時刻表(2022年10月1日ダイヤ変更)

徳島港→和歌山港
南海フェリー時刻表(2022年10月1日ダイヤ変更)

南海フェリー公式HPより

ただ、深夜便・早朝便は、電車・バスもないため、徒歩乗船の場合は、公共交通機関を確認しておきましょう。

(南海フェリー)和歌山港の駐車場

和歌山港には駐車場があります。14日間有効で1000円となっています。

Q. 両港に駐車場はありますか?

A.ございます。
和歌山港には、ご利用1回につき1,000円(14日間有効)の有料駐車場が60台分。
徳島港には無料駐車場が140台分完備致しております。

両港ともにご予約はお受け致しておりません。当日先着順とさせていただいております。ご利用前に各港きっぷ売り場にて乗船券購入後、駐車券をお申し付けください。

当日満車となりました場合、ご利用いただけない時もございますので、あしからずご了承願います。

先着順のため、停められない場合は駐車場を探すことになります。

なお、駐車場料金支払いの際、お帰り予定日を聞かれますので、あらかじめ帰る日を決めておきましょう。私は帰宅日が決まっていなかったので、少し余裕をもって答えました。

駐車券

参考までに、私は平日の出港1時間半前に行きましたが、停まっている車は5台のみでした。平日は余裕がありそうですね。

駐車場は少し分かりにくい

フェリーターミナルで駐車券を購入し、ダッシュボード上に購入証を置いておくスタイルでした。

南海フェリー和歌山港の駐車場は、2箇所あるようです。

南海フェリー和歌山港の駐車場

私は、(写真左の)バスターミナル横の駐車場でした。ただ、駐車場の入り口は、月極駐車場と書いていて少し戸惑いました。

もらった駐車券を入れると、ゲートが開いたので、合っているようです。また、駐車場の枕木にも「ナンカイ」の文字があり、少しホッとしましたw

ナンカイの文字が書いてある

帰りはゲートに近づくとバーが上がる仕組みです。けっこう近づかないと上がらなかったので少し焦りました。

南海フェリーの料金

大人片道2,200円です。自動車は、例えばフィットの場合 車体長(前から後ろまで)3.955mで、10,200円です。

南海フェリーの旅客運賃 自動車運賃(2022/04〜06)

車で行く場合は、燃油調整金も変わってくるので、必ず最新の運賃を確認しましょう。

(車なし)往復割引

車なしの場合、往復割引があります。帰りのみ10%引きとなり、4180円で購入できます。帰りの日付が決まっていなくてもOKで、14日間有効となります。

南海フェリーの往復割引

お車なし(徒歩)乗船でフェリー往復乗船券ご購入時に限り、復路が10%割引適用されます。
(往復乗船券の通用期間は往路乗船日を含む14日間。)

運賃 | 南海フェリー

支払い方法は、車・二輪車の場合はクレジットカードが使えますが、車なしの場合は現金のみです。

WEB予約(片道5%オフ)

後で気づいたのですが、WEB予約は片道2090円で、5%オフでした。片道のみ購入する場合は、WEB予約の方が安いですね。往復なら4180円になるので一緒かな。

コンビニでチケット購入しても通常価格(2022年4月〜)

南海フェリーのチケット購入で、コンビニで10%オフで購入できると思っていたのですが、割引価格は2022年3月までだったようです。

※2022年4月以降は、通常運賃価格での発売となっておりますのでご注意ください。

JAF優待・イオンカードは車両+同乗者10%オフ

窓口には、JAF優待・イオンカードのシールが貼っていました。調べてみると、車両+同乗者10%オフの割引があるようです。

車と一緒に行く場合はお得ですね。

JAF会員施設優待割引

自動車航送運賃(乗用車に限る)及び車両定員内の同乗者旅客運賃が10%OFF!

イオンマークのカードの優待特典

6m未満の乗用車通常運賃及び車両定員内の同乗者旅客運賃の10%OFF

参考 JAF会員施設優待割引南海フェリー 参考 南海フェリーイオンマークのカードの優待特典

船舶は2種類(フェリーあい・フェリーかつらぎ)

南海フェリーの船舶は、2種類あります。フェリーあい、フェリーかつらぎです。旅客定員は共に427名でほぼ同サイズのようです。

私はフェリーかつらぎに乗りました。そうじのおばちゃんに話を聞いてると「かつらぎは随分古いフェリーで、あいは2年前就航したので新しいんです」と。ホームページ見ていても新しいことに気づかず…

あとで調べてみるとフェリーあいが就航したのは、2019年12月15日(日)のようです。オススメはフェリーあいです。

フェリーかつらぎ(公式HPより)

フェリーあい(公式HPより)

たしかに、フェリーかつらぎは年季が入っているように見えましたw

フェリーかつらぎ

また、別日にフェリーあいにも乗りました。フェリーあいの方がやはり新しそうですね。

南海フェリー(あい)

南海フェリーの入船時間・搭乗時間

入船時間はおよそ50分前だった

フェリーかつらぎの入船時間は、陸から見え始めたのが12:50過ぎなので、およそ50分前でした(日によって違うかもですが…)

フェリーは和歌山港でターンするので、(見えてから)到着まで10分以上かかっていました。

和歌山港でターンするかつらぎ

搭乗時間は15分前

フェリーの搭乗時間はかなり早いイメージだったのですが、意外にも15分前でした。

搭乗時間は15分前

券売機はフェリーターミナルの他に、(船からすぐの)待合所内にもあったため、割と直前に来て乗れることに驚きです。

フェリーかつらぎ

電車のような座席です。

フェリーかつらぎの座席

じゅうたん席が人気でした。横にゴロッとなれて、寝られる雰囲気なので、枕を持っていくのもアリですね。

ただ船のエンジン音は「ゴッゴッゴッ」と揺れがすごいので、最初は慣れませんでしたが、帰りは慣れたのか少し仮眠できました。

じゅうたん席

コンセント付きのビジネスコーナーもありました。スマホを充電している方や、パソコンを使っている方がいました。私は揺れながらパソコンする自信がなく止めましたw

コンセント付きのビジネスコーナー

展望デッキは残念ながら、行き帰り共に閉鎖されていました。帰りは雨も降っておらず、風も弱めだったので、ずっと閉鎖されているのかな?

展望デッキは閉鎖

外の風を感じられる座席もあります。

外の風を感じる座席

フェリーあい

別の日に、フェリーあいにも乗船しました。やはり全体的にかつらぎより綺麗な印象です。

フェリーあいの船内

フェリーあいの船内

フェリーあいのじゅうたん席

じゅうたん席は、かつらぎより仕切りの壁がある分、過ごしやすくなっているように感じました。

フェリーあいの船内

かつらぎで通路側で寝るのはちょっとためらいがありましたが、あいなら大丈夫そう。

フェリーあいの船内

フェリーあいの椅子席

フェリーあいは、一番奥に電車の座席のような席がありました。

フェリーあいの船内

フェリーあいのグリーン席

グリーン席は、2階部分にあるようです。

フェリーあいの船内

フェリーあいの船内(グリーン席)フェリーあいのグリーン席(公式HPより)

フェリーあいの展望デッキ

フェリーあいの展望デッキは開放されていて、景色を見ることができました。

フェリーあいの展望デッキ

フェリーあいの展望デッキ

南海フェリーの船内(かつらぎ・あい)

カップヌードルの魅力

船の上だとやけに美味しそうなカップヌードルも見つけました。320円ですが、十分に価値がありそうです。ただ、お腹は満たされていたので、ここは踏み留まりました。

MEMO
2022年10月現在、340円になりました。

船の上だとやけに美味しそうなカップヌードル

南海フェリーの売店

船内の売店は、徳島港の停泊中のみ開いていました(2022/05時点)。新型コロナの感染状況でも変わってくるのかな?

売店
フェリーかつらぎの売店

Visaタッチ決済で南海フェリーに乗ってみた感想

南海フェリーでVisaタッチ決済

車なしの場合、Visaタッチ決済で乗船できるということで、実際に使ってみました。

なお、2022年3月25日から12月11日まで実証実験という位置づけのようです。

(2)期間
2022年3月25日(金)~12月11日(日) ※終了時期は変更となる場合があります。

駐車場支払いのためカウンターへ

事前に切符を買う必要がないため、とても便利そうです。

ただ、私の場合は、和歌山港に車を駐車するため、駐車場の料金を払いに行く必要がありました。せっかくVisaタッチなのに少し時間がもったいない感覚になりましたw

MEMO
南海電車に乗ってくる場合は、Visaタッチのみで、電車・フェリーに乗れるので、電車賃込みで2200円(スマート好きっぷ)はお得ですね。南海沿線の方がうらやましいです。

Visaタッチ決済で乗船する

(和歌山港の)乗船時、Visaタッチ決済をしようと思ったのですが、リーダーが置いていませんでした。(あまり使う方がいないのかな…)Visaタッチの旨、伝えると、リーダーを出して頂き、タッチして、乗船します。

ちなみに、徳島港には最初からリーダーが置いてありました。

(下船時)Visaカードを提示が必要

下船時は、乗船券を回収する流れのようですが、Visaタッチの場合はカードを見せればOKでした。再度タッチする必要はありません。

決済確定は翌日早朝か

クレジットカードの速報が、(乗船の)翌朝5:30頃に届きました。乗船時にオーソリ(利用枠を確保)しておき、翌朝に決済を確定させているのかな。

まとめ

はじめて南海フェリーに乗り、和歌山〜徳島を移動することができました。船旅は2時間程度で、長くもなく短くもなく、丁度いい感じです。フェリーターミナル・船(かつらぎ)も古さは感じられますが、のんびり徳島に行けるので割と便利に感じました。次はフェリーあいに乗ってみたいです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

参考 南海フェリー南海フェリー