2019年10月~キャッシュレスのポイント還元について教えて下さい

お客さま

2019年10月消費増税時に始まるキャッシュレスのポイント還元について教えて欲しいです。今から何か用意しておいた方がいいですか?
2019年10月~2020年6月の9ヶ月間、キャッシュレスで支払うと、消費者に5%のポイントが返ってくる国の取り組みです。今からキャッシュレスの支払いに慣れておくのもいいですね。

近藤雄一

それでは詳しく見ていきましょう。

対象は中小・小規模のお店

すべてのお店が対象では無く、中小・小規模のお店が対象です。

資本金(または従業員数)、課税所得などが小さい場合に対象となります。そのため、大きいスーパーでは5%返ってこないけど、小さいスーパーで5%還元なんて事も起こるようです。

福島県いわき市のスーパー マルトの場合、売上高850億円程度ですが、対象となるようです。思っていたよりは大きなスーパーでも対象となりそうです。

福島県と茨城県で計30店舗以上を展開するマルト(福島県いわき市)は今年4月、資本金を9000万円から5000万円にした。クレジットカード決済をかねて導入済みのため、「政府のポイント還元の対象になる」(同社)としている。

(参考)消費税10月10%に、ポイント還元狙い「中小」増える:日経ビジネス電子版

和歌山の場合、

  • 松源(資本金5,000万円、年商512億円)
  • 廣岡グループ(資本金5,000万円、売上高765億円)

が対象になるかもしれません。

オークワは、資本金が141億円と大きく対象外ですね。

さらに、お店側が決済事業者に申請しておく必要があります。例えば、商店だから必ず5%還元という事ではないので、注意が必要です。

MEMO
マツゲンが5%還元の対象として掲載されました。これは嬉しいですね。

キャッシュレス・消費者還元事業 事務局審査を通過した加盟店一覧(令和元年8月21日 現在)

MEMO
Aコープ(一部店舗)が5%還元の対象として掲載されました。Paypayで支払えば、「まちかどペイペイ」で10%還元となります。これは嬉しいですね。

キャッシュレス・消費者還元事業 事務局審査を通過した加盟店一覧(令和元年9月5日 現在)

参考 まちかどペイペイ 第1弾PayPay

対象店舗はポスターとHPで確認できる

お店がポイント還元の対象であるかは、9月頃~掲示されるキャッシュレス還元事業のポスターで確認ができるようです。

(参考)キャッシュレス・消費者還元事業のホームページより

MEMO

(2019.08.28)ポスター・ステッカーのデザインが発表されました。

キャッシュレス・消費者還元事業のホームページでも、お店リストがPDFで公開されています。ただ、お店が羅列されているだけで見やすくありません。

対象店舗マップが今後公開されるようですので、そちらの公開を待つのがいいかもしれません。

対象店舗では5%還元、コンビニ2%還元

対象店舗であれば、5%還元となります。
ただし、コンビニなどのフランチャイズ店舗は2%還元となります。

対象の決済方法は、

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 電子マネー
  • QRコード

など、となっています。

還元方法は、基本的には各決済サービスのポイントで還元されます。ただ、コンビニやクレジットカードなど、即時値引きで対応する所もあるようです。

参考 消費増税ポイント、カード5社も「値引き」で還元日本経済新聞 電子版

Amazon・楽天でも中小店舗なら対象

ECサイトも、中小・小規模の店舗が販売している場合は、対象となるようです。

楽天市場では、対象商品に分かりやすい表示がされるようです。

参考 消費増税対策のポイント還元、アマゾンや楽天でも日本経済新聞 電子版

まとめ

消費税増税に合わせて、9ヶ月間限定で、中小店舗で5%ポイント還元が実施されます。対象となるお店をチェックして賢くお買いものしていきましょう。

今からキャッシュレスの支払いに慣れておくのもオススメです。

参考 キャッシュレス消費者還元事業キャッシュレス消費者還元事業