和歌山にカジノができるって本当?気になるIR(統合型リゾート)を調べてみた

和歌山県は、カジノを含むIR(統合型リゾート)の誘致を目指しています。万博開催前の2024年の開業を目指しており、今年からIR誘致が本格化するようです。詳しく知らなかったので、調べてみました。

これまでのIR(統合型リゾート)の取り組み

国の取り組み

国は、2016年12月IR推進法、2018年IR実施法を制定しました。全国で最大3カ所に、カジノを含むIR(統合型リゾート)ができる事になりました。カジノができるとは言っても、統合型リゾートのほんの一部、床面積3%以下となっているようです。テーマパークの一部がカジノっていうイメージですね。

カジノ以外には、国際会議場や展示施設に加えて、劇場、演芸場、音楽堂、競技場、映画館、博物館、美術館、レストランなどが併設されます。まさに巨大な総合テーマパークですね。

各自治体の取り組み

 現段階で誘致活動をリードしているのは、大阪府・市と和歌山県、長崎県だ。

大阪府・市は、2025年国際博覧会(万博)の開催を目指す大阪湾の人工島・夢洲(大阪市此花区)で、万博の前年までのIR開業を目標としている。

(IR誘致「3つのイス」奪うのはどこだ 大阪、和歌山、長崎、北海道、愛知…バトル過熱 2018/07/21 産経新聞より)

和歌山も善戦していますね!しかし、大阪は万博とセットで誘致を目指しており、強敵ですね。勝てないのでは?と疑問に思いました。でも大丈夫。和歌山県は、大阪と和歌山、両方への誘致に成功させるプランを考えているからです。

それでは、和歌山県の取り組みについても見ていきましょう。

和歌山県の取り組み

和歌山県は、2018年5月 和歌山県IR基本構想を発表しました。国がIR実施法を閣議決定された後、これまでに準備してきた和歌山のIR構想を発表しました。

こちらのページにある和歌山県IR基本構想(PDF)が分かりやすい資料になっています。

参考 和歌山県IR基本構想を策定しました和歌山県

知事と語る「IR誘致の取り組み」の動画も分かりやすいのでオススメです。

また、和歌山県は、平成31年度予算で、IR誘致のために2億3187万円を計上しています。今年からさらに誘致活動が本格化していきそうですね。

(県民の友 2019年4月号より)

参考までに、平成30年度予算 6998万円で誘致活動を行ってきました。

和歌山県が目指すリゾート型IRとは何か?

和歌山県の基本構想では、大阪には「都市型IR」、和歌山には「リゾート型IR」と、異なるコンセプトのIRを作ることが想定されています。事業者からは近くにある事で相乗効果があげられるとプラスの声がある一方で、全国3カ所という縛りがある中では全国から見ると不公平感が生まれるのでは?という声もあるようです。

(和歌山県IR基本構想)

リゾート型IRとは何か?

シンガポールには、「マリーナ・ベイ・サンズ」と「リゾート・ワールド・セントーサ」、2つのIR(統合型リゾート)があります。和歌山県はこれを一つのモデルケースとしているようです。

「マリーナ・ベイ・サンズ」は、ここですね!一度は見たことある光景ですね。

  • 都市型IR「マリーナ・ベイ・サンズ」
  • リゾート型IR「リゾート・ワールド・セントーサ」

他にも、リゾート型IRには、

  • パラニャーケ(フィリピン)
  • ゴールドコースト(オーストラリア)

があります。

リゾート型IR「リゾート・ワールド・セントーサ」

リゾート・ワールド・セントーサ」には、ユニバーサルスタジオがあり、世界最大級の水族館、ウォーターパークも楽しそう!ホテルもリゾート感がすごいです。

ホームページは日本語に対応しているので、ぜひ見てみて下さい!まずイメージをつかむには、コンセプトムービーがオススメです。

成功の鍵は、リゾート地ならではのエンターテイメントを用意できるのか、という所にありそうです。

まとめ

和歌山県は、リゾート型IRの誘致を目指していることがわかりました。誘致のための予算規模も大きいため、かなりの本気度を感じます。和歌山ならではのIR(統合型リゾート)の形が今後検討されていくと思うので、ますます楽しみですね。今後の動向に注目です。