【パケット容量別】楽天モバイルの新プラン(Rakuten UN-LIMIT VI)に向いている人・向いていない人

Rakuten UN-LIMIT VI(楽天アンリミットシックス)

お客さま

楽天モバイルの新プラン(Rakuten UN-LIMIT VI)について詳しく教えて下さい。
Rakuten UN-LIMIT VIは、段階制料金プランとなっており、(1回線目であれば)1G未満は無料、どれだけ使っても2,980円(税別)・3,278円(税込)と、あまり使わない人もたくさん使う人もお得なプランになっています。通話かけ放題付きなのも良いですね。ただ、パートナー回線エリアに住んでいる場合は、5GBを超えると1Mbps制限がありますので、注意しましょう。

近藤雄一

公式サイトを確認する

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)を見てみる

新プラン(Rakuten UN-LIMIT VI)のまとめ

2021年4月からRakuten UN-LIMIT VI(楽天アンリミットシックス)の提供が開始されます。段階制料金プランになった事で、パケットをたくさん使うユーザー以外の方で、少しパケットを使いたいユーザーにも魅力的なプランになりました。

  • 0円〜2,980円(税別)・3,278円(税込)の段階制料金プラン
  • 楽天エリアはデータ制限なし、AUエリアは5GB/月(超過後は最大1Mbps)
  • 楽天Linkアプリ経由で通話かけ放題

Rakuten UN-LIMIT VIの料金プラン

(1回線目のみ)1GB未満は無料となっています。

Rakuten UN-LIMIT VIの料金プランRakuten UN-LIMIT VIの料金プラン(公式サイトより)

データ利用量1回線目2~5回線目
0GB~1GB無料(0円)1,078円
1GB~3GB1,078円1,078円
3GB~20GB2,178円2,178円
20GB~無制限3,278円3,278円

ただ、パートナー回線エリアは5GBまで、超過後は1Mbps制限があります。そのため、「Rakuten UN-LIMIT V」の以下の特長は、継続される形になります。

楽天アンリミットVの詳細Rakuten UN-LIMIT V(公式サイトより)

新プラン(Rakuten UN-LIMIT VI)に向いているユーザーは?

楽天モバイルの新プラン(Rakuten UN-LIMIT VI)に向いているのは、以下のユーザーです。

  • 通話をたくさんする・通話かけ放題を使いたい
  • パケット1GB未満・3GB未満しか使わない
  • (楽天回線エリアが生活圏で)パケット20GB以上使う

一方で、以下のユーザーは、他ブランドも合わせて検討したほうが良いでしょう。

  • (通話ほとんどしない方で)パケット3〜5GBなら、格安SIM(mineo等)と比較検討
  • (通話ほとんどしない方で)パケット 5〜20GBなら、キャリアのプラン(ahamo等)と比較検討

楽天モバイルの3〜20GB・2178円となっており、お得感は薄れますので、格安SIM(mineo等)・キャリアのプラン(ahamo等)と比較検討が必要になるでしょう。

楽天モバイルの品質はどうですか?

よく聞かれるのは、楽天モバイルの品質はどうですか?という質問です。
あくまで私の経験になるのですが、「キャリア>楽天モバイル>格安SIM」という評価になります。

MEMO
ただエリアによっても違うでしょうし、最終的にはお住まいのエリアで試す必要があるでしょう。3ヶ月無料で試せますし、1G未満であれば無料なので気軽に試してみるのが良いでしょう。

また、楽天モバイルは、1.7GHz帯の電波のみで、プラチナバンド(800MHz等)を持っていません。高い周波数は建物に回り込みにくい事もあり、屋内では弱いとされています。そのためか楽天回線エリアで使った時、スピードは出るのだけど不安定に感じることがありました。ちなみにパートナー回線エリアは800MHz帯です。

また、格安SIMは、やはりお昼の時間帯(12時〜13時)が急激に遅くなります。そのため、「キャリア>楽天モバイル>格安SIM」という評価になりました。ただ、お昼・夕方を除けば、楽天モバイルより快適な時間帯もありました。

パケット容量別に考える新プランについて

(0〜1GB)0円(1回線目のみ)

1GB未満であれば、通話かけ放題付きで、0円です。そのため、小容量ユーザーにピッタリです。自宅にWi-Fiがある方で、外であまり使わない方は、1GB未満の方もいらっしゃるでしょう。

また、サブの電話機で、通話はするけど、パケットを使わない方にとっても良いプランですね。

ガラケーからスマホ乗り換えたユーザーにオススメ

ガラケーからスマホに乗り換えた方で、パケットを少量しか使わない方にオススメのプランとなりました。

例えば、(AUの)スマホスタートプランなど、各社1年のみ(1GBまで)980円(税別)・1,078円(税込)で提供していますが、2年目から(1GBまで) 1980円(税別)・2,178円(税込)になる事が多いようです。

これらのプランに加入されている方は、楽天モバイルに乗り換えれば(1GBまで)無料で、さらにかけ放題を使うことができます。特に高齢の方で、電話がメインの方にとっては、良いプランと言えそうです。

(1〜3GB)1,078円(税込)

1〜3GBを使うユーザーも、1,078円と安価になっており、(かけ放題を除いて考えても)格安SIMよりも安い値段と言えそうです。電話もよくかけるユーザーにとっては、とてもお得なプランと言えそうです。

(3〜5GB)2,178円(税込)

3〜5GBを使うユーザーは、電話をほぼ使わないユーザーであれば、mineo(格安SIM)のプラン等が競合になってくるでしょう。

mineoの新プラン(マイピタ)5GB 1380円(税別)・1,518円(税込)となっているので、(格安SIMで)お昼遅くても許容できる方なら、これらのプランを合わせて検討してみましょう。

電話をかけるユーザーにとっては、楽天モバイルがオススメです。

(5〜20GB)2,178円(税込)

5〜20GB 1,980円(税別)・2,178円(税込)となっており、ahamoやpovoやSoftbank on lineに比べても安い値段になっています。ただ500円・1000円の値段差であれば、(回線品質が高いため)ahamo等を検討する価値はありそうです。

また、パートナー回線エリアの場合は、(5GBを超えると)1Mbpsに制限されるため、ahamoやpovoの方が良いでしょう。

あと、UQモバイルの新プラン(くりこしプランM) 15GB 2480円(税別)・2,728円(税込)なので、合わせて検討してみましょう。

ただ、電話をかけるユーザーは、楽天モバイルの方がずいぶん安くなりそうです。かけ放題付きのahamo等は3980円となり、楽天モバイルなら半額になるためです。

(20GB〜)3,278円(税込)

楽天モバイルは、無制限を強みにプランを展開してきました。そのため、楽天モバイルエリアであれば、3,278円(税込)は圧倒的に安さを感じます。

パートナー回線エリアの場合は、大手キャリアの(ギガホなどの)大容量プランを選ぶ方が良いでしょう。

まとめ

新プラン(Rakuten UN-LIMIT VI)は、小容量ユーザー、特に0〜3GBユーザーにうれしい料金設定となりました。特に通話をよくする人には格安プランとなっています。また、楽天回線エリアに住んでいるなら、20GB以上使うユーザーはお得感があります。

一方で、3GB〜で、通話をあまりしない人にとっては、他の格安SIMやキャリアプランも検討の余地があるでしょう。

少しでも不安を感じられる部分があれば、メインではなく、まずはサブとして使い始めるのがオススメです。楽天モバイルのキャンペーンを活用して、安価に端末を手に入れることができるためです。

ご案内は以上となります。少しでも参考になれば嬉しいです。

公式サイトを確認する

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)を見てみる

参考情報

Rakuten UN-LIMIT VI(楽天アンリミットシックス)【徹底レビュー】楽天アンリミットについて詳しく教えてください 楽天モバイルのキャンペーン楽天アンリミットのキャンペーンまとめ【楽天モバイル】